源泉徴収票、しっかり還付を受けるための見逃さないポイントを公開します


こんにちは、うちだです。今日は風も強く、寒さが一段と厳しいですね。確定申告をする方の関心が強い「源泉徴収票」ですが、様々な専門用語が並んでいます。「何が書いてあるんだろう?」「正しいのかな?」という疑問も尽きません。今回は、源泉徴収票を作る方・受け取る方が知っておきたいポイントをまとめました。

源泉徴収とは

源泉徴収税・源泉所得税

所得税の世界では、「儲かった人が、儲かった金額をベースに税金を計算して、税金を払う」というのが原則です。

一方で、一定の儲けは、儲かった人が払うべき所得税を、代金を払う人が天引きして代わりに納めなければいけません。これが、源泉徴収(「源泉所得税」「源泉徴収税」ともいいます)という制度です。

源泉所得税のイメージ

源泉所得税のイメージ

源泉徴収(源泉徴収税額)の計算

源泉徴収(=天引き所得税)が必要な儲けは、ルールで決められています。

内容・源泉徴収の対象となる金額・源泉徴収の税率は、以下の通りです。

源泉徴収税額の計算

源泉徴収税額の計算

例えば、公認会計士に80万円の報酬を払う場合は、81,680円を天引きして718,320円を払えばよく、81,680円を税務署へ納付します。

源泉徴収票とは

源泉徴収票

その年の1月1日から12月31日の間に、いくら給与(=給料+賞与)をもらったのか、天引きされた所得税や社会保険料はいくらなのかの情報をまとめたものです。

源泉徴収票イメージ

源泉徴収票イメージ

源泉徴収票の発行

源泉徴収票は、「税務署」へ提出するだけでなく、「給与を受け取っている従業員など」にも渡します。

会社・雇い側の方は、税務署に「架空人件費であることを疑われないために」必ず提出しておきましょう。

給与をもらっている方は、源泉徴収票がないと「天引きされた所得税」の還付が受けられなくなるので、必ずもらうようにしましょう。

源泉徴収票の再発行

うっかり源泉徴収票をなくしてしまった場合は、再発行を会社にお願いしましょう。会社側は断る権利はありませんが、面倒からかどうしても発行してくれない場合は、税務署の相談窓口へ行って相談しましょう。

但し、確定申告時期は税務署員は多忙を極めているので、確定申告時期は避けて相談するようにしましょう。

源泉徴収票の見方・書き方・作成

書き方・見方の主な留意点は以下の通りです。留意点の数の関係で、図を3つに分けています。

源泉徴収票の書き方その1

源泉徴収票の書き方その1

源泉徴収票その2

源泉徴収票その2

源泉徴収票の書き方その3

源泉徴収票の書き方その3

源泉徴収票の発行時期

会社員の場合は、年末調整が終わった後にもらいます。12月の給与をもらうタイミングまでには、受け取れるでしょう。

源泉徴収票をエクセルでつくる

源泉徴収票は、エクセルでも作りことができます。「源泉徴収票 エクセル 国税庁」で検索すると、ウェブサイトで見つけることができます。

源泉徴収票とマイナンバー

源泉徴収票にマイナンバーを書く必要はありますが、それは会社が税務署へ提出するものについてだけで、従業員へ渡す源泉徴収票についは、書く必要はありません。

源泉徴収票と退職

退職後すぐに次の会社へ就職する場合、転職先の会社が年末調整をする時に必要となります。また、その年の12月31日まで就職しなかったとしても、確定申告で必要になります。

通常は年末調整の時期に発行されるものなので忘れられがちですが、退職時には忘れず受け取っておきましょう。

源泉徴収税額

源泉徴収税額とは

儲けが発生した時に、儲けを支払う側があらかじめ天引きしておく所得税のことをいいます。

源泉徴収税との違い

同じです。源泉所得税ともいいます。

源泉徴収税額表

儲けた人から、所得税をいくら天引きすべきなのかを一覧にしたものです。実務では、この資料をもとに天引きする所得税を確かめます。

源泉徴収税額表

源泉徴収税額表

甲欄と乙欄

源泉徴収税額表に出てくる「甲欄」「乙欄」の意味は、以下の通りです。

  • 甲欄:扶養控除等(異動)申告書を提出している人
  • 乙欄:提出していない人

源泉徴収税率はどうやって調べる?

報酬の内容によって、税率が決まっています。先に解説した「源泉徴収の計算」を確認しましょう。

源泉徴収簿とは?

源泉徴収を正確に行うために、関係する情報を一覧表にまとめた書類です。

源泉徴収簿

源泉徴収簿

まとめ

専門用語がたくさん出てくるので、当記事の書き方や用語の意味をチェックしながら、ゆっくり読み進めていきましょう。

ひとり起業家に欠かせない税金やブログ集客についての情報を、日々綴っていきます。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする