妻(夫)の名義の預金・へそくりにも相続税が! 専業主婦(専業主夫)の名義預金とは?


こんにちは、内田正剛@うちだ会計事務所です。相続税の税務調査でしばしば指摘される「名義預金」ですが、妻(専業主婦)の立場からすると、自分名義の預金・へそくりになぜ相続税がかかるのか納得がいかないでしょう。今日は「名義預金」について解説しました。

妻(夫)の名義の預金と名義預金

名義預金とは?

遺産に相続税が課税されるのが原則なので、「亡くなった人の名義ではない」財産はその対象ではないと思ってしまいます。

でも、「亡くなった人の名義ではない」財産にも相続税が課税されることがあります。

典型的なところでいうと、いわゆる「名義預金」が該当するのですが、「遺族の名義だけど、財源は亡くなった人の稼ぎ」の預金をいいます。

妻のへそくりと名義預金

相続税・贈与税の考え方は?

夫婦がお互いに助け合って財産を蓄えてきたのが実態でも、相続税・贈与税の世界では「夫の稼ぎは夫の財産」「妻の稼ぎは妻の財産」という、「個人」に着目した考え方を採用しています。

典型的な事例が「妻名義の預金」(「名義預金」)で、相続税の税務調査でも大きな問題になります。

「妻名義になっているけど、実態は亡き夫の預金」であれば、それは当然に相続税の計算の対象に含めないといけないのです。

妻(夫)の名義の預金(へそくり)でも相続税?

へそくりは妻(夫)のものと主張したけど

夫婦で財布を分けることもありますが、夫婦の財布を一緒にしていることもあるでしょう。

その名義が夫で統一されていたら相続税では問題にならないのですが、妻の名義が入っていると相続税で問題になることがあります。

妻としては、頑張ってやりくりして貯めたお金・へそくりで、しかも自分の名義なのに、「夫の財産だ」と言われてしまうことに納得がいかないでしょうが、相続税・贈与税の世界では「誰の収入か?」に着目して判断されてしまうのです。

その預金口座は誰のもの?

税務署はどう考える?

へそくりはなぜ夫の財産とみなされるのかを、詳しく見ていきましょう。

「夫の給料を妻の口座へ振り込み→妻はそのお金で家計をやりくり」という一連の行為を税務署は、「夫が妻にお金の管理を任せているだけ」と考えます。

そのため、妻の預金口座に不自然に多額な預金があったら、「そのお金はどうやって貯めたのですか?」「妻の収入源は何ですか?」と追及されることになります。

なので、妻の預金口座に以下の金額の合計を超える残高があったら、税務調査で追及される可能性があると考えていいでしょう。

  • 自分の実の親から相続したお金
  • 夫が亡くなるまで受け取って来た年金
  • 結婚前に自分で貯めてきたお金
  • 夫から贈与の手続きを踏んで受け取ったお金
  • 自分のお金を運用して儲けたお金

税務署は、これらの金額を超える預金は、たとえ妻名義のものであっても「夫の財産」と考えるのです。

したがって、妻名義の預金口座に上記の4つの金額を超えるお金があったら、それは相続税の課税対象になります。

名義預金のチェック項目

隠しても意味がない

いろんな口座へ振り分けるなどして隠したら、見つからないだろうと思いたくなります。

でも税務署は、金融機関に預金・貯金がどのように動いたかを問い合わせることができるので、ほぼガラス張りです。

隠していたことがバレてしまうと、妻が手厚く保護されている相続税の特典が使えなくなってしまい、やぶ蛇になってしまいます。

名義預金を税務署は見ている

名義預金を相続税の対象として申告しないとどうなる?

「そもそも相続税の対象ではない」と思い込んでいたようなケース、いわゆる悪意がなかった場合でも、税務署からは「相続税の申告漏れですよ」と指摘されることになります。

そうなると、正しい申告時期に申告をしていないという評価になるので、納税が遅れたことに伴う利息(=延滞税)がかかります。

自主的に修正申告しないと過少申告加算税がかかり、悪意があったと認定されると「重加算税」も課税されてしまいます。

名義預金の計算はどうする?

「財産が蓄えられた理由(=財源)は何か?」が、一番のポイントです。

夫の稼ぎを妻が自分の口座で管理していて、やりくりで貯めたお金となると、「財源」は夫の稼ぎになるので、相続税を計算する上では「夫の財産」に含めます。

仮に自分の稼ぎで得たお金があるのなら、それは分けて自分で管理するのが、後々相続税で問題になるのを防げます。

「相続税の制度が妻にシビアすぎるのでは?」と思われるかもしれませんが、その分妻は1億6千万円の遺産(or法定相続分)まで相続税がかからないという特典を使えるので、バランスは取れています。

名義預金のチェックリスト

誰が通帳を管理していた?(チェックポイント1)

名義が遺族(妻)であっても、実際に通帳を管理していたのが亡くなった人(夫)であれば、「実際は夫の預金では?」と疑われます。

銀行届出印は誰のもの?(チェックポイント2)

口座の持ち主(妻)固有の印鑑だったらいいのですが、亡くなった人(夫)のものと同じだったりすると、「名義は妻だけど、実態は夫のものでは?」という疑いを向けられることになります

利息は誰が受け取っている?(チェックポイント3)

遺族名義の預金でも、亡くなった夫が利息を受け取ったいたりすると、「実態は夫の預金では?」と見られます。

名義預金と言われないためには?

贈与の契約

例えば夫から妻へ預金を移すのなら、贈与の契約をしっかり結んで、贈与税の申告も行うのが無難でしょう。

贈与は「あげた人も、もらった人も認識していて、もらった人は通帳や印鑑を持っているから自由に使える」といった状況でないと、「贈与した」ことにはならないので注意が必要です。

また、夫の生前に、夫の口座から妻の口座へ多額の送金がなされているようなケースは、「相続税逃れ」と見られかねないので、慎重になるべきでしょう。

一方で、夫が亡くなった後も妻の人生は続いていくので、生活資金は必要です。

「名義預金」の疑いをかけられずに、妻の老後の資金を確保しておくには、コソコソするのではなく、堂々と「贈与を受ける」のが賢明でしょう。

その際は、「年間110万円までの贈与は課税されない」という制度を利用しましょう。

夫婦ともに若い時から毎年この贈与を続けていれば、年老いて夫が亡くなる時点ではかなりのお金が「相続税・贈与税を課されることなく」妻へ贈与できているからです。

その際は証拠をしっかり残しつつ、妻は自分の口座を自分の名義で自分が管理しておくのが重要です。

病院の費用・お葬式代はどうする?

夫が亡くなると、夫の預金口座からお金が引き出せなくなるので、「病院への支払い・お葬式代が払えず、困った」という話もよく耳にします。

少額で単発的な支払いだったら大きな問題にはならないのでしょうが、故人の入院が長くなっていると、お金の引き出し回数・金額が増えていきます。

看病した相続人以外の遺族から「使い込んだのでは?」という疑いをかけられないためにも、使途は証拠とともに明らかにしておくべきでしょう。

  

ひとり起業家に欠かせない税金やブログ集客についての情報を、日々綴っていきます。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする