検索意図を理解する!訪問者のターゲットは誰で悩みの強さや緊急性は?


こんにちは、会計士の内田正剛@uchida016です。集客ウェブサイトでターゲットにしたい訪問者の検索意図を理解するって難しいですよね。訪問者は悩みを持ってウェブサイトへ来るので、検索意図や悩みの強さ・緊急性を理解するとファンになってくれますよ。








集客ウェブサイトのターゲットは誰?

ターゲットは誰?

ウェブサイトやブログを書くときは、ついついキーワードだけを意識してしまいがちです。

ウェブサイト・ブログは、なぜ読んでほしいのでしょうか?

もちろん、ターゲットとする人たちに関心を持ってもらいたいからです。

どんなにキーワードを意識しても、ターゲットが使わない・調べないキーワードであれば、検索されることはありません。

であれば、ターゲットが誰なのかをまず明確にする必要があります。

誰に書いているかわからない記事だと、こちらに振り向いてくれることはありません。

「そこのあなた、〇〇が気になりますよね?」という記事で初めて、ターゲットが振り向いてくれます。

「そこのあなた」は誰なのかを明確にすることから始めましょう。




訪問者の検索意図を理解しよう!

訪問者の検索意図

たいていの訪問者は、GoogleやYahooの検索窓にキーワードを打ち込んで、訪問するウェブサイトを決めています。

つまりキーワードには、訪問者の検索意図が反映されているのです。

だから、ターゲットが定まってメインにするキーワードが決まったら、訪問者の検索意図をとことん考えてみましょう。

ここで、「丸の内 ランチ おすすめ」というキーワードで考えてみましょう。

ターゲットが20代の女性であれば、「おしゃれでくつろげるランチが食べられるお店」を探しているかもしれません。

一方で、30代の男性であれば、「程よい価格で盛りがたくさんのランチが食べられるお店」を探しているかもしれません。

このように、同じキーワードでもターゲットを誰にするかによって、検索意図は大きく変わってきます。




悩みの強さや緊急性は?

悩みの強さや緊急度は?

悩みの度合いが強くない人は、情報への関心度合いも低くなります。

ウェブサイトを作っても、あまり長時間定着することなく、他のページへ旅立っていきます。

一方で悩みの度合いが強い人・緊急度が高い人は、「答えはどこだ!」と探し求めているので、いい記事を書けば定着度は長くなります。

また、緊急度が高い人は「なんとしても答えを見つけたい」という強い思いがあるので、検索キーワードを細かく・具体的に分ける傾向があります。

例えば先のランチの話でいくと、「丸の内 ランチ 唐揚げ 安い おすすめ」みたいな感じです。

「知りたい情報を提供する」という欲望を満たしてくれたウェブサイトには好意を示すので、また訪問してくれる可能性が高くなります。

もしウェブサイトに、「丸の内 ランチ 唐揚げ 安い おすすめ」のニーズを満たすリンクを貼っていたら、喜んでクリックしてくれるでしょう。

集客ウェブサイトでは、このような「悩みの度合い・緊急度の高い」訪問客候補をターゲットにするべきです。

絞ると訪問者が減るかもと不安になりますが、「痒いところに手がとどくウェブサイト」という評価になって、逆に訪問者が増えていきますし、滞在時間も長くなります。







ひとり起業家に欠かせない税金やブログ集客についての情報を、日々綴っていきます。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする