確定申告書の書き方が分からないから、全体像を教えて!見本を見せて!


こんにちは、うちだです。「確定申告書の書き方がわからないけど、誰か教えてくれないかな・・・」と言った気持ちになっている方が多いのではないでしょうか?確かに確定申告書は難しい用語が多く、全体像が分からないとなかなか手が進みません。そこで今回は、「確定申告書の全体像」にフォーカスを当てて、解説しました。







確定申告書の書き方がわからないときは?

確定申告書は、「所得」「所得控除」と言った税金の世界独特の用語がいくつも出てきます。

例えば医療費控除が分からなくなったら、「確定申告 医療費控除」と検索すれば、解説しているウェブサイトはいくつもあります。

こんにちは、うちだです。確定申告の時期が近くなってくると、「税金がいくら戻ってくるのか?」も気になります。そのために医療費の集計を始められている方もいるでしょう。「一体いくら還付されるのか?」「どこまで医療費の範囲に含めていいのか?」など、疑問が尽きません。今日は、医療費控除をまとめました。

しかし、個別の論点を調べる前に、まずは「確定申告書の全体像」を知っておきましょう。

そうすると、個別の論点が「点」から「線」に変わり、確定申告書の見え方が変わってきます。

確定申告書の書き方の全体像

確定申告書の全体像

確定申告書を提出する人には、「個人事業主」だけでなく、会社員の方もいます。

「確定申告書は、誰でも書くことは同じだろう」と思ってしまいますが、所得税の世界では、個人が稼いだ儲けを「10種類」に分けて計算するので、書く内容が変わってきます。

このことを覚えると、確定申告書がなぜ以下のような構成になっているかがわかります。

確定申告書イメージ

確定申告書イメージ

そうです。確定申告では、この「第一表」を作り込んでいくのです。

所得税の確定申告書には「第一表」以外のものもありますが、全て「第一表」へつながっていきます。

また、「第◯表」だけでなく、例えば「事業をしている人」は「事業の儲け」が、不動産賃貸をしている人は「不動産賃貸収入」が発生するので、それぞれの儲けを計算した資料を別途作成します。

  • 1つ目の決算書:事業の儲けを計算する決算書
  • 2つ目の決算書:不動産賃貸の儲けを計算する決算書

事業の儲けの計算

事業の儲けの計算

このほかにもいくつかの資料・明細書がありますが、解説は後日に改めて差し上げます。

以上をまとめると、確定申告書は以下のような全体像になっています。

確定申告書の全体像

確定申告書の全体像

「分けて儲け・税金を計算」の意味が掴みにくいかもしれませんが、これは「分離課税」と呼ばれるルールが使われる儲けで作る申告書です。

こんにちは、内田正剛@うちだ会計事務所です。最近は、仮想通貨の話題で持ちきりな投資の世界ですが、株で運用し続けている方は、「確定申告って苦手だな・・・」って思っている方もいるでしょう。いつもの確定申告書に加えて余分に申告書を作らないといけないので面倒ですが、うっかり損をするのは避けたいもの。今回は、株の確定申告のポイントをまとめました。




確定申告書の書き方の見本と平成30年版

「確定申告書 様式 手引き」と検索すると、「確定申告の手引き」のウェブサイトへ行くことができます。

この手引きでは、書き方の解説から見本まで、とても詳しく解説されています。

確定申告書の書き方の相談

確定申告書の書き方を教えてほしい場合は、税務署へ直接訪問するか、地域の税理士会が開催している相談会で質問するのも手です。

しかし、確定申告期はたくさんの人が訪れるので、かなりの待ち時間がかかることもしばしばです。

待ち時間を少なくするには、「確定申告期」以外の税務署が忙しくない時期に、「去年の確定申告書を持っていって、質問する」のが一番賢明な方法でしょう。

まとめ

確定申告書をスムーズに作成するには、「まず全体像をつかむ」ことがとても重要です。個別の難しい話を調べる前に、「確定申告書の全体像」をぜひ一読しましょう。







ひとり起業家に欠かせない税金やブログ集客についての情報を、日々綴っていきます。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする