【継続は力なり】続けるために、心がけておくこと


こんにちは、うちだです。皆さんは「〇〇を続けよう」という目標はありますか?私はこのブログを毎日書き続けることを目標に掲げて2018年をスタートしましたが、今日ちょっとしたトラブルに巻き込まれてしまい、「継続する!」という心が折れそうになってしまいました。そこで今日は、今までと趣向を変えて、「続けるために、しておくべきこと」を書きました。

継続することの効果

数百段もある階段をイメージして頂きたいのですが、初めの一歩を踏み出さないと、階段は全く登れず、階段の先にある目的地に行くこともできません。

でも、一歩を踏み出して歩き続けるとどうでしょうか?

そうです、前に進むことができ、最終的には目的地へたどり着くことができるのです。

すぐにできてしまう目標もありますが、長い時間・大きな労力を必要とする目標を達成するには、毎日続けること、「継続」が不可欠です。

継続の仕方

例えば、男性の方が腕力をつけることを目標に掲げたとしましょう。

目標への道は人それぞれでしょうが、うちだの場合は、「最初は5回の腕立てから。そして、少しずつ増やしていき、最終的には1日〇〇回する。但し、1日も休まず毎日やる」といったアプローチをします。

経験則ですが、続けるには「無理をしてはいけない」のです。

無理をすると、二日目に「あぁ、やりたくないな」という怠け心が頭をよぎります。

一方で、1〜2週間続けると、やらないことに「不快感」を感じるようになります。

このレベルまで続けることができれば、今度は逆に「続けずにはいられない」ようになります。

継続する前にすべきこと

今日の記事の本題ですが、継続する前に「すべきこと」があります。

それは、「やりすぎない」ということです。

うちだもブログを書くことを目標に掲げたので、寸暇を惜しんでブログを書く時間を確保しにいきました。

その結果、首を痛めてしまいました・・・。

痛めて初めて気付くのですが、どんな姿勢をとるにも神経・筋肉が首とつながっているのか、痛みが走ります。

前かがみになるのは人間の基本動作なのですが、前かがみが苦痛でたまりません。

治療してマシになりましたが、やる気も時間も削がれてしまい、何よりも不自由でなりません。

若い時は少々の無理はいくらでもききますが、歳を重ねてくると、体のあちこちに歪みが生じ始めます。

風邪も一緒ですが、ひいてしまってからでは遅いですし、痛めてからでは手遅れです。

「頑張る」と「無理をする」の線引きは非常に難しく、人それぞれですが、自分的に「オーバーワーク気味だな」と思ったら、勇気を持って予定を減らしましょう、休みましょう。

その方が結果的に、大きな成果を得ることができます。

まとめ

ある程度年齢がいってから何かを続けたいと思ったら、「無理のない範囲で」を心がけましょう。

何よりも大事なのは「続けること」なので、負荷は少し軽めくらいがいいのです。

今日は小休止気味なブログですが、明日からはまた有用な情報をお届けします。

ひとり起業家に欠かせない税金やブログ集客についての情報を、日々綴っていきます。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする