twitterのリツイートの増やし方のコツ!いますぐできるヒント


「twitterのフォロワーを増やすには、リツイートを増やさないと!」って思いますよね。今回は、「フォロワー10万人超えている人のツイート」を分析した結果見えてきた、「リツイートの増やし方のコツ」を解説します。どれも今すぐできる工夫ですよ!







twitterのリツイートの増やし方

twitterリツイートの増やし方

この記事を書くにあたって、フォロワーが10万人を超えていらっしゃるマナブさん@manabubannaiのツイートを、2011年から2019年にかけて分析しました。

その結果、2018年3月あたりから顕著に感じた特徴を、まとめました。

結論はこれ!

コツはいくつかありますが、特に大事なのは以下の3つです。

  • 誰宛のツイートか明確
  • お得/おもしろい情報をツイート
  • 具体的に書いている

このあたりがぼやけてくると、やはりリツイートされません。

ツイートの読者に「自分宛のツイートだ」と思ってもらう

上記の3つが押さえられていると、ツイートの読者に

「あ、これは自分宛に書かれたものだ!」

と感じてもらえるからです。

逆にそこがぼやけていると、読み流されるか、そもそも読まれることはありません。

具体的な注意点

マナブさんのツイートの分析の結果見えてきた、具体的な注意点をまとめておきます。

(1) 「誰に向けたツイートか?」を絞りまくっている

ツイート読者はいろんな境遇で生きているので、読者ターゲットをとことん絞り込まないと、「当事者意識」をもってもらえません。

なので、上記のツイートのように、「絞りすぎじゃね?」って言われるくらいとことん絞った方が、逆に効果的です。

(2) 無理してインフルエンサーに絡みに行かない

フォロワーが数十人の時は、インフルエンサーも相手してくれません。

インフルエンサーの元へは常に大量の通知やDMが届いているはずなので、読み流されてしまうからです。

相手してくれないのに目の前をチョロチョロ動いていても、逆に鬱陶しいと思われるだけなので、やめておいた方が無難です。

マナブさんの過去のツイートを見ても、無理してインフルエンサーに絡んでいっているようには見えませんでした。

(3) 1日30ツイートする

仮に1ツイートあたり10のインプレッションがつくのなら、30ツイートすれば300インプレッションになるという、単純な算数の話です。

人目につく可能性を高めないと、リツイートされようがありませんし、誰も気付いてくれません。

しばしば、「1日30ツイートしなさい!」って耳にしましたが、理由がちゃんとあったんですね。

(4) 発信内容は具体的に

「ブログを書き続けよう」とだけ言うのではなく、上記のツイートぐらいに具体的に書くと、読者に「自分のこと感」を持ってもらえます。

(5) お得な情報は具体的に

「アクセスアップする」とか「アドセンス収入がある」という曖昧な表現ではなく、「○ヶ月で○PVアップする」とか「アドセンスで○円収入がある」という感じで、お得な内容を具体的に書きます。

(6) 意見をはっきり発信する

他人の誹謗中傷にならない範囲で、はっきり自分の意見を発信するのが重要です。

オブラートに包んだ表現だと、誰もおもしろいと感じてくれません。

「年金はろくにもらえないから、早く会社を辞めて自分のビジネスを立ち上げるべき」「ビジネスはブログ・twitter・YouTubeで」

くらいにはっきり書いた方がいいですね。

マナブさんも、「公務員は将来的にリスクの高い仕事だ」と具体例付きでツイートしていました。

公務員の方にはおもしろくない内容ですが、そこまではっきり書かないと読者は読んでくれないということです。

まとめ

「フォロワー増える人・リツイートばんばんされる人は、ごく限られた人」って思っていませんか?

自分も思っていました。

ですが、マナブさんのツイートを2011年3月からずっと読んでいくと、2018年3月あたりから「このブログ記事で解説したようなポイント」をしっかり押さえられている感が顕著になりました。

ほぼ同じタイミングで、リツイート数も大きく伸びている感じでした。

やっぱり、フォロワー数やリツイートが増えるのは偶然じゃなくて「必然」なんですね。

【次の記事】

Twitterフォロワーがいない初心者が増やすために気をつけることまとめ




ひとり起業家に欠かせない税金やブログ集客についての情報を、日々綴っていきます。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする