ロングテールキーワードのメリットとブログの作り方を図解で解説!


ブログを一から自分で作るときに、メインのキーワードとロングテールキーワードをどのように使いわければいいか悩んだことはありませんか?1年半で600記事を書いたうちだが、ブログの作り方とロングテールキーワードの関係やメリットを図解で解説します。

ロングテールキーワードのメリット

一人で一からブログ作る

ロングテールキーワードって何?

狙ったキーワードのうしろに関連キーワードが付いた「キーワードのグループ」のことを、「ロングテールキーワード」といいます。

例えば、「起業」というキーワードを狙ったとします。

関連キーワード取得ツールに入力すると、こんなキーワードが出てきます。

関連キーワード取得ツール

これらが、狙うメインのキーワードです。

一方でこの画面の下に目を移すと、こんなキーワードが出てきます。

ロングテールキーワード

これらのキーワードはいずれも、狙ったキーワード「起業」の後ろに「関連したキーワード」が付いています。

これを、ロングテールキーワードといいます。

ロングテールキーワードのメリットは?

「狙ったキーワード」(以下「メインキーワード」)の記事をサポートする役割を果たします。

ロングテールキーワードは無数にあるので、それをメインキーワードの記事に全部盛り込んでいては、とんでもなく長文のブログ記事なってしまい、読者をうんざりさせます。

なので、別記事に分けて1つの記事として書くことで、メインキーワードの補足としての役割を担ってもらうのです。

そのほかにも、メインキーワードとロングテールキーワードを内部リンクでつなぐことで、グーグルに「1つの記事グループ」という見方をしてもらえます。

ブログの作り方を図解で解説

ブログのしくみ

ブログの全体像はこんな感じです。

「メインキーワードの記事」(1記事)と「ロングテールキーワードの記事」(複数記事)を内部リンクでつないで、1つの記事グループを作るのです。

つまり、1つのキーワードに狙いを定めたら、1記事だけで完結させるのではなく、多くのロングテールキーワードを使って関連記事を作り、メインキーワードの記事をサポートしてもらいます。

まとめ

ロングテールキーワード記事がたくさんあるほど、メインキーワードの記事の評価が高まっていきます。

検索上位を狙いたいキーワードがあるなら、がっつりロングテールキーワードの記事を書きましょう!

ロングテールキーワードのボリュームにもよりますが、大きなメインキーワードであれば、少なくとも30くらいのロングテールキーワードで記事は書いた方がいいです。

【次の記事】

ロングテールキーワードの探し方とツールを紹介




ひとり起業家に欠かせない税金やブログ集客についての情報を、日々綴っていきます。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする