ブログネタに困る時の考え方と探し方を解説【最速5分でできる方法】


ブログを書き続けていると、ほぼ必ず「ネタに困る」ときってありますよね?今回は、ブログネタに困る時に、「どう考えるか?」(考え方)と探し方を解説します。記事の最後に「どうしても困ったら?」を書いていますので、参考にすれば「ネタ切れ問題」は卒業です。







ブログネタに困る時はこうする

ブログネタ困る時の考え方と探し方

ブログネタに困る時はたいてい、「書くことがない!」「ライバルサイトがいて、何も書けない!」のどちらかだと思います。

いずれも、「ロングテールキーワードを探せば大丈夫」なので、考え方や探し方を解説していきますね。

考え方

少しPCの前から離れる

ブログネタに困る時って、「書きたいのに見つからない」状態になっています。

そうすると、「あせり」の感情が出てきているケースが多いので、一旦PCの前から離れるのをおすすめします。

あせっている状態でキーワードを選んで記事を書いても、質の高いものはできないからです。

でも安心してください。

PCの前に座っていなくても、無意識のうちに頭のなかでブログネタ・記事のことを考えていますから。

他のことをしていても、「ふと」アイデアが湧いてくることがあります。

そしたら即座にスマホにメモです!

ビッグキーワード選びすぎ

ブログを書いている人はたくさんいるので、たしかにライバルサイトはたくさんあると思います。

でも、あらゆるジャンル・キーワードにライバルサイトがひしめいているほど、ブロガーさんはいませんよ。

かなりの割合で、ビッグキーワードばかり探しているから、ライバルサイトがたくさんいてうんざりするんです。

例えば税金に関するトピックだと、「確定申告書」みたいなキーワードです。

そりゃぁ、ライバルサイトひしめいてますよ・・・、誰でも気付きますから。

そこじゃなくて、探すのは「ロングテールキーワード」です。

探し方

ロングテールキーワードをまずおさらいしておきましょう。

例えば「アフィリエイト」というキーワードを狙ったのなら、「アフィリエイト アプリ」みたいな、後ろに1つ以上のキーワードがくっついたものをいいます。

ロングテールキーワードを探す方法はいくつかありますが、ダントツのおすすめは「関連キーワード取得ツール」で、その次が「goodkeyword」です。

「このキーワードいいんじゃないか?」と思ったら、上のサイトでチェックしてみましょう。

<関連キーワード取得ツールの画面>

関連キーワード取得ツール

<goodkeywordの画面>

goodkeywordの画面

ここでは、関連キーワード取得ツールで探す例を紹介しますが、使い方は簡単で「メインキーワード候補を思いついたら打ち込む」です。

例えば、「ブログタイトル」って検索窓へ打ち込むと、以下のような画面が出てきます。

関連キーワード取得ツール画面

そしたら、自分の書けそうなトピックを選んで、ライバルサイトをチェックして、彼ら以上の記事を書いていきます。

キーワードのジャンルにこだわったり、速報系じゃなきゃだめとか凝り固まった考えだと、ブログを書く手が進まなくなります。

「ブログネタがない!」と思った時は、この記事で見つかったキーワードでサクッと書いていきましょう。

そうすると気持ちが落ち着いて、「ブログ記事書けない!」状態から抜け出せますよ。

「ブログネタがない!」の一番の原因は、「あせり」だったりしますから。

まとめ

「本当に使えるの?」って思われる方もいるかもしれませんが、キーワードが決まったら、ブログを書く手は動き始めますよね。

だったら、一度関連キーワード取得ツールを使ってみてください。

あれだけロングテールキーワードが出てくるんですから、いくつかライバルサイトが弱いキーワードが出てくるはずです。

どうしても困る時は?

ブログ記事のネタ探しにどうしても困ったら、以下の記事で解説している方法を試してみてください。

ほぼ間違いなく、何かしらのネタは見つかります。

コツは、「ロングテールキーワードの記事を書く」です。

【次の記事】

ブログネタ継続の秘訣はたった1つのコツ!




ひとり起業家に欠かせない税金やブログ集客についての情報を、日々綴っていきます。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする