お金がないけど起業したいなら使わずに開業すればいい【できます】


「お金がないけど起業したい」「どうやってお金を借りようか?」って思っていませんか? 結論からいうと、お金がなくても起業は可能です。そこで今回は、お金をかけずに起業するにはどうすればいいか?」のアイデアを紹介します。







お金がないけど起業したいならかけずに開業!

お金がないけど起業したい

お金をかけずに開業できる!どうやって?

「お金をかけなくても起業できる」って、にわかに信じがたいですが、事実です。

パソコンやスマホのない時代は、お金をかけずに開業するのはむつかしかったかもしれませんが、いまはちょっとお金をだせば、パソコンやスマホが簡単に手に入る時代です。

これらを使えば、わざわざ「大金を借りて」「投資して」なんてしなくても起業・開業できます。

今日は、「お金をかけない起業」について紹介していきます。

「お金をかけてお店を開かきゃいけない」は固定観念

「ビジネスはお金をかけて店を開くことから始まる」は、常識的な考え方ですし、一番最初に浮かぶ考え方です。

もちろん、間違ってはいないのですが、「お店を開かないと起業・開業できない」というわけではありあせん。

「お店を開かなくても」起業することは可能です。

具体的には、パソコンやスマホを使って「ブログ」「SNS」「YouTube」を発信するんです。

これらを通じてモノやサービスを売るのもいいですし、単純にサイトへ来てもらって広告収入を得るビジネスモデルも、一つの考え方です。

以下でロードマップを紹介しますが、人に「何か得すること」「喜ぶこと」をして、お金をもらうのがビジネスです。

「お店」を一旦発想からはずしましょう。

お金を使わずに開業するロードマップ

ブログの文章構成

(1) 独立前にtwitterやSNSを始めてフォロワー作りをする

起業するとどうしても収入が不安定になりますが、一方でファンがいれば、起業当初からある程度収入を思い描くことが可能です。

なので、会社を辞める前に(在職中に)twitterやSNSでフォロワー作りをはじめます。

情報発信をしてみると「ネタがない😭」って感じると思いますが、それは裏を返せば「情報の集め方がなっていなかった」ということでもあります。

それに気づくとしめたもので、どんどん貪欲に情報を集めるようになりますし、「ニーズをつかもうとする」訓練になります。

ニーズさえ掴めればビジネスはうまくいくのですから、情報発信は自分の起業力アップにつながります。

しかも、会社で固定収入を得ながら進めれるので、一挙両得です。

とはいえ、働きながら情報発信って結構タフです。

何せまとまった時間がないからです。

だから、「まとまった時間」を追いかけるのはやめて、細切れ時間を拾いにいきましょう。

このあたりは、以下の記事で解説しています。

40代になると知識や経験が増えてくるので、「起業したい」って思うこともあります。一方で40代会社員としては、起業のリスクを極力下げたいものです。そこで今回は、40代会社員が起業で成功するには、「どんな進め方をすればいいのか?」「リスク下げる方法」を解説します。

(2) 並行して広告収入を得る

情報発信を続ける作業は、長い継続と絶え間ない工夫が必要です。

一方で収入が不安定な中で、そんな息の長い作業は続けるのはむつかしいです。

なので、せっかくアクセスが集まり始めているなら、広告収入を得る工夫もしてみる価値があります。

ビジネスがうまくいかないときの、貴重な収入源となるからです。

ブログなら「アドセンス」が手始めですが、アフィリエイトの世界には様々な方法があります。

ただ、あくまで広告収入は「サイドビジネス的」な位置付けなので、どこまで広告収入を追いかけるかは「折り合いのつけ方」がむつかしい問題ではあります。

(3) フォロワーが増えたらオンライン上でビジネスを立ち上げる

例えばパン屋さんですが、別に「必ずお店を開かないといけない」というわけではありません。

YouTubeで「誰でもおいしい〇〇パンが作れる 作り方実演」みたいな動画を流すのも1つですし、それに加えてレシピをtwitterやnoteで提供すれば、読者/視聴者のニーズをしっかり掴むことも可能です。

遠方は難しいかもしれませんが、美味しいパンを自分で作って、YouTubeやSNSでその模様を発信し、注文が来たら宅配するみたいなビジネスモデルも可能です (※法律の確認は必要です)。

必要な設備さえ整えば、お店を借りなくても自宅でビジネスは立ち上げられるのです。

まとめ

「やっぱりお金を借りてお店を立ち上げないとビジネスじゃないよ」って思うかもしれませんが、ビジネスは予期していないことが起こるものです。

だったら、お金を借りてくるよりも、極力支出を抑えて有益な情報を発信しつづけてファンを掴む方が、「ビジネス成功」への近道です。

ファンがいれば、ビジネスは立ち上がるのですから。

「ブログやツイッターは毎日書いたほうがいい」といわれますが、時間がないし毎日更新はキツイですよね。でもおすすめするコツを続ければ効果はあるので、解説します。




ひとり起業家に欠かせない税金やブログ集客についての情報を、日々綴っていきます。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする