youtubeの顔出し必要なときと不要な場合の考え方【初心者向け】


ビジネスでyoutube動画を発信するとき、「顔出しどうしよう?」って思いますよね。今回は、どんなときに顔出しが必要で、顔出し不要な場合はどんなケースかの考え方を初心者向けに解説します。







youtubeの顔出しが必要・不要の考え方

ノウハウの解説 (不要なとき)

例えば「ブログのタイトルの決め方」とか「キーワードの探し方」みたいな、「どうする?」を解説する動画では、あなたの顔は不要です。

視聴者が観たい・聞きたいのは、あなたが話す・解説するノウハウであって、「あなたの顔」は求めていないのです。

いらないものを動画で載せても、視聴者が「あんたの顔は観たくねぇよ」になって、「閉じるボタン」をクリックされてしまいます。

ブログもyoutubeも、「読者・視聴者の求めていないものを書く・動画で流す」のは厳禁です。

読者・視聴者が去っていくだけだからです。

あなたの考え方や意見を聞きたい (必要なとき)

例えば、「最近の45歳リストラについて、うちだはどう思うか?」みたいな動画の場合、視聴者が知りたい・観たいのは、「うちだの意見」です。

また、「ブログやTwitterで起業できるか、うちだの意見を聞きたい」みたいな動画でも、視聴者が動画に求めているのは「理由の説明」の他に「うちだ」そのものです。

うちだの顔に安心感を覚えるかどうかはともかく😅、「話し手」に関心がある動画では、顔出しした方がいいでしょう。

説得力や安心感につながるからです。

【次の記事】

ブログとTwitterとyoutubeの使い方と連携を簡単に解説




ひとり起業家に欠かせない税金やブログ集客についての情報を、日々綴っていきます。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする