ネムの儲け(利益)で気になる税金(所得税)の確定申告は?計算はどうする?


こんにちは、うちだです。仮想通貨ネムの運用で儲け(利益)が出たときに、気になる税金(所得税)。とっつきにくいイメージのある税金ですが、仮想通貨特有の考え方を理解できればむつかしいことはありません。そこで今回は、仮想通貨ネムで儲け(利益)について、「税金(所得税)・儲けの計算はどうする?」「確定申告はどうなる?」などの気になるポイントについて開設しました。

ネムの儲け(利益)の計算はどうする?

儲け(利益)の考え方

「受け取ったお金・増えた価値」から、「かかったコスト・減った価値」をマイナスして計算します。

「かかったコスト・減った価値」を具体的に言うと、ネム(仮想通貨)を取得するのにかかったコストや経費などがこれにあたります。

ネムの儲けの計算は?

ネム(仮想通貨)を売った場合も、同じ考え方です。

但し、仮想通貨特有の取引があるので、それぞれの考え方を押さえる必要があります。

ネムを日本円に換えた場合は?

受け取った日本円から、ネムを手に入れるためにかかったコストや経費をマイナスして計算します。

なお、「手に入れるためにかかったコスト」を計算する方法は以下の関連記事を参考にして下さい。

関連記事:仮想通貨の儲け・利益の計算方法はどうする?いくらになるのか?

ネムを他の仮想通貨と交換した場合は?

交換をしたタイミングでの、交換対象の仮想通貨の時価を使って計算します。

関連記事:仮想通貨の儲け・利益の計算方法はどうする?いくらになるのか?

サービスの対価にネムを受け取った場合は?

受け取った時のネムの時価から、サービスの提供にかかったコストをマイナスして計算します。

ネムを使って物を買った場合は?

受け取った商品の時価から、払ったネムの原価をマイナスして計算します。

関連記事:ビットコイン使うと税金かかる?買物した時の確定申告は?

税金(所得税)の計算はどうなる?

税金(所得税)の考え方

儲けた金額が多いほど、たくさんの税金(所得税)が課税されるという考え方を採用していますが、「儲け」にかけた労力も別途考慮されています。

儲けの中には、サクッと稼いだものもあれば、多大な労力をかけて稼いだものもあるからです。

そこで税金(所得税)は、儲けを10種類に分けて課税の仕方を工夫しています。

ネム(仮想通貨)の場合は?

雑所得が原則

仮想通貨でも、税金の考え方は同じです。

税金の課税のされ方が異なるので、ネム(仮想通貨)の儲けの種類が何になるのかが気になります。

原則的には、9種類の儲け以外のものという位置付けの「雑所得」という区分になります。

損益通算が採用できない

雑所得の場合は、他の種類の儲け・損失と相殺する「損益通算」という手法が採用できないというデメリットがあります。

例えば、ビジネスの儲けである「事業所得」が△1,000で雑所得が500としましょう。

損益通算ができるなら、儲けの総額は△500で税金はかからないのですが、損益通算ができないと雑所得500について税金が課税されるのです。

関連記事:仮想通貨の確定申告、「税金の計算・書き方・必要書類はどうする?」の情報をまとめました

関連記事:仮想通貨で損失!税金(所得税)の計算、損益通算と確定申告はどうする?

気になる確定申告は?

まずは自分の儲けを知る(ステップ1)

「仮想通貨の運用利益・損失」だけを考えるのではなく、自分の他の儲けも把握する必要があります。

例えば、給与所得は〇〇円、配当所得は△△円、仮想通貨の運用益(雑所得)はXX円という感じです。

これらの把握ができてから、以下の「確定申告不要制度」の要件を満たすか検討します。

確定申告不要制度をチェック(ステップ2)

儲け(所得)が一定金額を下回ると、確定申告をしなくてもいいという制度があります。

「確定申告不要制度」といわれるものですが、「確定申告をしなくてもいい」制度であることに注意が必要です。

天引きされた税金(源泉徴収)があって、還付を受けたいような場合は、逆に確定申告をしないと還付をもらえません。

関連記事:仮想通貨で損失!税金(所得税)の計算、損益通算と確定申告はどうする?

関連記事:源泉徴収票、しっかり還付を受けるための見逃さないポイントを公開します

まとめ

儲けの計算の基本的な発想に、仮想通貨特有の考え方を加えて、計算方法を理解するようにしましょう。

ひとり起業家に欠かせない税金やブログ集客についての情報を、日々綴っていきます。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする