ロングテールキーワードの探し方とツールを紹介【さぁブログを書こう】


ブログのキーワードを勉強してたら、「ロングテールキーワード」って出てきますよね。狙ったキーワードの後ろに追加でキーワードがついたものですが、検索上位を狙うには必須の知るトク知識です、今回は、ロングテールキーワードの探し方とツールを紹介します。

ロングテールキーワードの探し方とツール

探し方とツールを紹介

探し方・ツールはいくつかあります。

たとえば、昨日紹介した「関連キーワード取得ツール」です。

アクセスして、狙ってるキーワードを入力すると、上記ツイートのスクショのような画面になりますよね。

ツイートの例でいうと、狙ったキーワードは「ブログ記事」なので、その下にある全てのキーワードは、

「ロングテールキーワード」

です。

このほかにも、goodkeywordでも探すことができます。

同じように入力すると、以下のような画面が出てきます。

ロングテールキーワード2

ロングテールキーワード攻略は検索上位ゲットには不可欠!

詳しくは以下の記事で解説していますが、特定のキーワードで検索上位を狙おうと思ったら、そのキーワードのロングテールキーワードの記事を書いていって、内部リンクでつなぐという作業が必要です。

例えば、上記の「ブログ記事」というキーワードを狙うとします。

そうならば、「ブログ記事」というキーワードだけで記事を書くだけでは不十分です。

「ブログ記事 書き方」とか「ブログ記事 タイトル」という、ロングテールキーワードでも検索上位を取っていく必要があります。

その上で、内部リンクを貼っていくことで、「ブログ記事」というキーワードで書いた記事を検索上位へ上げていくのです。

ロングテールキーワードの記事が、下支えしているイメージです。

【関連記事】

ブログサイトのしくみとキーワードや記事の関係をわかりやすく解説!

ロングテールキーワードが過去記事と重複する時は?

書く必要はなく、何か補足したい情報があるのなら、過去記事のリライトの方がいいです。

重複したロングテールキーワードで記事を書いても、あまり効果がないです。

ロングテールキーワードのメリットは?

やはり「狙ったキーワードをサポートしてくれる」ことにつきます。

サポートするロングテールキーワードが多いほど、狙ったキーワードで書いた記事の評価が高まっていくので、さりげに軽視できません。

詳しくは以下の記事で解説しています。

【関連記事】

ロングテールキーワードのメリットとブログの作り方を図解で解説!

ひとり起業家に欠かせない税金やブログ集客についての情報を、日々綴っていきます。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする