ブログは長文記事がベスト?初心者は文字数関係なくたくさん書く!


「ブログは長文記事がベスト」のような話を耳にしますよね。でも本当でしょうか?今回は、ブログ初心者が「長文記事」「文字数関係なくたくさん書く」のどちらを目指すべきかをまとめました。







ブログは長文記事がベスト?

上記のツイートで結論を書いていますが、「長文記事」と「良い記事」は無関係です。

以下で、理由を深掘りしていきますね。

読者が求めている情報を書く

ブログ記事の内容は、「読者が求めているもの」が書かれているほど、読者の評価が高まりますよね。

知りたい情報が書かれているほど、読者はブログ記事に長時間滞在する傾向があります。

そりゃそうですよね。

「お、これこれ!」という情報が見つかったら、誰でもじっくり時間をかけて読むからです。

グーグルもそこに目をつけているはずです👀

だから、Google Analyticsに「滞在時間」が表示されているんだと思います。

グーグルが重要視しない指標を、Analyticsの画面に表示するはずがないからです。

だから、「文字数が多い=良い記事」というのは論理の飛躍だと思うのです。

【関連記事】

ブログ記事の滞在時間を気にすると得する理由

長文記事のメリット

長文記事のメリット

でも、「長文記事=無駄」といっているわけではありません。

「読者の求めている情報が書かれていれば」、むしろ長文記事はメリットが盛りだくさんだと思います。

読者が知りたいことがふんだんに書かれているわけですから、短い文字数の記事よりも読者が記事に滞在する時間は飛躍的に伸びていきます。

グーグルは「滞在時間」を重要視しているはずですから、グーグルの評価が高まって記事の検索順位は上がっていきます。

読者も「このブログをフォローしたい!」って思うはずで、ファンが増えていき、結果的にブログのアクセス数はアップしていきます。

【関連記事】

検索順位チェックツールを無料で作る方法

初心者はたくさん書くこと!「継続」が最重要

ブログ初心者は、書くことに慣れていないので、1記事を書くのに時間がどうしてもかかってしまいがちです。

うちだも、かつては「1記事に4時間くらいかけていたけど、アクセスはからっきし🙅‍♂️」なんて笑えない失敗談もあります。

だから最初のうちは、「長文記事」なんて書くのはやめておいたほうがいいです。

もちろん、「アクセスが来るから、リライトを重ねていったら結果的に長文記事になった」というのはぜんぜんOKですけどね。

この記事で言いたいこと

「読者が求める情報が書かれているか」が最重要です。

文字数を増やすためだけに、記事と無関係の内容を記事に書いたりするのはNGです。

今日も読んで頂いて、ありがとうございました。

【次の記事】

ブログを下書き公表したら得する5つの理由!初心者は数をこなすことが重要




ひとり起業家に欠かせない税金やブログ集客についての情報を、日々綴っていきます。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする