生命保険金の受取人に相続税はいくらかかる? みなし相続財産の非課税限度額はどうなる?


こんにちは、内田正剛@うちだ会計事務所です。「親が遺族(受取人)のためにかけていた生命保険金に、相続税がいくらかかるの?」はよく耳にしますが、税金が安くなる特典「みなし相続財産の非課税限度額」という制度があります。

生命保険金の受取人と相続税のルール

相続税の考え方

親が亡くなったなどの理由で遺産を相続したら、相続税がかかります。

所得税や法人税は「儲け」に対して課税されますが、相続税の場合は相続した遺産に対して課税されます。

遺産が多いほど、原則的には相続税が多くなります。

相続財産って?

親が亡くなった時に持っていた、相続する遺族(=「相続人」と言います)が受け継ぐ資産・負債のことをいいます。

相続というと資産だけに目が行きがちですが、「負債」も相続するのが原則です。

つまり相続は、プラスの財産もマイナスの財産も相続するということです。

みなし相続財産

生命保険金は相続財産とみなされる

遺産というと、親が亡くなった時点で、持っていた財産でお金に換えることができるものをイメージします。

それを、「本来の相続財産」といい、相続税を計算する上でもメインになります。

一方で、相続税の課税対象になるのは「本来の相続財産」だけではなく、生命保険金のような、「親がなくなることを理由に」相続する人が財産を受け取れるものも、相続税の課税対象になります。

これを、「みなし相続財産」といいます。

本来の相続財産とみなし相続財産

本来の相続財産とみなし相続財産

亡くなった時点でお金に換えられる財産ではないので、「本来の相続財産」ではありません。

でも、親が亡くなったことが理由で財産を受け取ることができるのなら、実質的には、「本来の相続財産」と変わらないので、相続税が課税されるのです。

みなし相続財産に当たるものは、生命保険金や死亡保険金、生命保険に関する権利などです。

生命保険契約に関する権利とは?

以下のような保険契約の権利も、「みなし相続財産」になります。

  • 生命保険料支払い:亡くなった親
  • 被保険者:亡くなった親以外の人

なぜこの権利も相続財産にみなされるのかというと、保険契約を解約するともらえる返戻金相当額は、実質的に相続財産と一緒だからです。

非課税限度額で相続税はいくら?

生命保険金全額に課税されるわけではない

生命保険金が「みなし相続財産」になるといっても、生命保険金全額に相続税が課税されるわけではありません。

一定金額まで相続税が課税されない特典が設けられています。

これを「非課税限度額」といい、生命保険金が非課税限度額を超えたら、超えた金額だけ相続税が課税されます。

このような特典がなければ、貯蓄や保険加入が進まないからです。

生命保険金の非課税限度額の計算

非課税限度額とは?

計算式は?

500万円×法定相続人の人数で、計算します。

例えば、父が亡くなり、母・娘2名の合計3名が法定相続人の場合は、1,500万円(=500万円×3人)になります。

複数人の場合は非課税限度額をどうやって分ける?

上記の例を使って、相続人が親・娘A・娘Bの3名だったとします。

そうすると、例えば娘Aの「非課税限度額」は以下のように計算します。

①;全員の非課税限度額=500万円×3人=1,500万円

②:①×(娘Aがもらった生命保険金/全員がもらった生命保険金)

具体的な計算例

上の例に、具体的な金額を当てはめて見ましょう。

<例>

父:自分が亡くなった時に3,000万円の保険金が受け取れるように、生命保険をかけていた。

法定相続人:3人(母、娘A、娘B)

母の保険金受取額:1,200万円

娘Aの保険金受取額:1,000万円

娘Bの保険金受取額:800万円

<計算>

母:1,500万円×1,200万円/3,000万円=600万円

娘A:1,500万円×1,000万円/3,000万円=500万円

娘B:1,500万円×800万円/3,000万円=400万円

生命保険金の受取人と相続税の関係

保険料と保険金の違い

保険会社へ支払うお金のことを「保険料」といい、受け取るお金のことを「保険金」といいます。

税金ルールの考え方

生命保険金は、「誰が保険料を負担したのか」「誰が保険金を受け取ったのか」によって課税の仕方を分けていますs。

仮に亡くなった親が保険料を負担していたけど、受け取ったのは娘であれば、親から娘へ財産が与えられたと考えられるので、課税する必要があるからです。

なお、以下の前提を置いて解説していきます。

亡くなった人:父

相続人:母・娘

保険料負担:父、保険金の受取人:父

父が亡くなったことで保険金がおりるので、前述した「本来の相続財産」になり、相続税が課税されます。

保険料負担:父、保険金の受取人:母

父が亡くなったことで、母が保険金を受け取ることになるので、「みなし相続財産」になり、相続税が課税されます。

つまり、父ががかけた保険は、相続税の対象になるということです。

保険料負担:母、保険金の受取人:母

所得税の世界の話になりますが、保険金を受け取った時点で母に所得税が課税されます。

保険料負担:母、保険金の受取人:娘

母のコストで、娘が得をしたことになるので、娘に贈与税が課税されます。

まとめ

いきなり「非課税限度額」から読み始めると理解が進まないので、当記事の最初から順に読み進めていきましょう。

ひとり起業家に欠かせない税金やブログ集客についての情報を、日々綴っていきます。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする