自宅を相続したら税金いくら? 小規模宅地の特例で相続税は?


こんにちは、内田正剛@うちだ会計事務所です。親が住んでいた自宅を相続するのはよくあるケースですが、税金はいくらになるのでしょうか?今日は、小規模宅地の特例というルールで相続税計算での評価がいくらになるか解説します。

相続税の計算と自宅

現金預金と不動産の違い

相続税は、亡くなった人(被相続人といいます)から相続した遺産の金額に応じて課税されます。

この原則は、どんな遺産を相続しても変わりません。

一方で、不動産の場合は、現金預金のように、誰が見ても〇〇円というものがありません。

そこで、自宅などの不動産を相続した場合は、相続税を計算するために「評価」をする必要があるのです。

不動産の評価は高額になりやすい

自宅以外にたくさんの不動産を持っている方はともかく、自宅以外にめぼしい財産はないという方もたくさんいらっしゃるでしょう。

不動産は一般的に高額になる場合が多いので、そういった方にまで相続税計算の原則を貫くと、過度の相続税負担になってしまいます。

そこで、一定の要件を満たす小規模な自宅については、相続税を計算する上での「自宅の評価」を、割安にする制度が設けられました。

小規模宅地の特例で税金はいくら?

小規模宅地の特例って?

自宅以外にめぼしい財産がないような人が、自宅の相続によって生活が困ることのないようにとの趣旨で設けられた制度です。

具体的には、相続や遺言で土地をもらった人が、以下の要件を満たしたら土地の評価を低くして(△80%)、相続税の計算ができる制度です。

ルール・要件は、以下の2ケースに分けて規定されています。

  • 亡くなった人が住居として使っていた(ケース1)
  • 亡くなった人と一緒の生計で生活していた親族が、住居として住んでいた(ケース2)

相続した人側でも要件がある

主な要件として以下が挙げられていますが、要は「今まで住んでいたこと」「これからも住んでいること」が求められているということです。

(ケース1の場合)

  • 妻がその自宅を取得して、その後も住んでいる
  • 同居していた子供が取得して、その後相続税の申告期限まで住んでいる
  • 妻に先立たれたなどの理由で夫は一人暮らし&子供は借家に住んでいる状況下で、相続によって子供が父の自宅を取得した

(ケース2)

  • 同居していた親族が相続後に相続税の申告期限まで引き続き住んでいる

このほかにも、面積要件として330㎡までという要件がつけられています。

誤解したらいけないのは、330㎡を超えたらダメではないということです。

400㎡の土地だったら、330㎡までは△80%評価で、残り70㎡は通常の評価ということです。

つまりこれらの要件に該当したら、本来の価値・評価の20%で相続税を計算することができるのです。

事業に使っている土地は?(特定事業用宅地)

事業に使っている土地を相続する場合は、以下の要件に該当したら400㎡までは80%評価減をして、相続税を計算できます。

  • 亡くなった人が事業に使っていた
  • 亡くなった人と生計を一緒にしていた人が事業に使っていた
  • 相続してから相続税の申告期限まで、事業に使っている

賃貸や貸駐車場の土地は?(貸付事業用宅地)

アパートなどを人に貸していたり(不動産賃貸)、貸駐車場として使っている土地を相続した場合は、以下の要件を満たせば、200㎡までは50%評価減をして、相続税を計算できます。

  • 亡くなった人が不動産賃貸・貸駐車場に使っていた
  • 亡くなった人と生計を一緒にしていた人が不動産賃貸・貸駐車場に使っていた
  • 相続してから相続税の申告期限まで、不動産賃貸・貸駐車場に使っている

まとめ

土地の評価を△80%、△50%して相続税を計算できるというのは、非常に魅力的な制度なので、うっかり適用し忘れることのないようにしましょう。

ひとり起業家に欠かせない税金やブログ集客についての情報を、日々綴っていきます。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする