ブログタイトルへのキーワードの入れ方は?知っておくべき簡単な工夫


ブログ記事と読者をつなぐのが「キーワード」で、読者は「ブログタイトル」を見て読むか読まないか決めます。なので、ブログタイトルへのキーワードの入れ方は、初心者は特に知っておくべきです。今回は「ブログタイトルへのキーワードの入れ方」の簡単な工夫について解説します。







ブログタイトルへのキーワードの入れ方

タイトルの考え方

ググった検索結果の画面を見ると、「タイトル」と「導入文」の2つが出てきます。

以下のスクショの紫色が「タイトル」で、その下の文章が「導入文」です。

ググった検索画面

この画面を見ると一目瞭然ですが、タイトルがとても目立ってますよね。

つまり、読者は「タイトル」にまず目がいくのです。

しかも、読者がググったキーワードと関係が強い・良質の記事から順に、グーグルは検索画面へブログ記事をリストアップしていきます。

だから、ブログ記事タイトルには「読者の選びそうなキーワード」を入れることも必須です。

以上を踏まえると、

「読者の目を引きやすく」しかも「読者が選びそうなキーワードを入れる」

という2つの工夫をタイトルに加える必要があります。

【結論】ブログタイトルの前半16文字と後半16文字に分けて書く

ブログタイトルは32文字で書く必要があるのと、一番重要なキーワードは左端に入れないといけません。

以上を踏まえると、

前半16文字でキーワードを可能なかぎり入れて

後半16文字で読者の目を引くタイトルを作る

というスタンスで、ブログタイトルを決めるのがベストと思います。

知っておくべき簡単な工夫

これまでの解説を、深掘りしていきますね。

読者の目を引きやすく

目立つ

うちだもそうですが、たいていの読者は「楽をして得をしたい」って思っています。

だから、そういった感情をくすぐると、読者がブログ記事へ目を止めてくれます。

なので、「楽をして得できますよ」という意味を含ませたタイトルを書く必要があります。

逆にいうと、「どこかで見たようなタイトル」だと読者の目に止まらず、ブログ記事の存在に気づいてくれないのです。

「なんか目立つの嫌だなぁ」って気持ちもわかりますが、目立つくらいでないとブログ記事へやってきてくれません。

むず痒いくらいの大袈裟気味のタイトルが、ちょうど良いあんばいです。

「言いたい意味はわかるけど・・・」って思われる方向けに、具体的な例を以下の記事で解説しているので、よかったら覗いてみてください。

【関連記事】

目を引くブログタイトルのおすすめ!超初心者向けに理由付きで解説

読者が選びそうなキーワード

ライバルより半歩前へ出る

ライバル

「ブログのアクセスをアップさせるには、キーワードが重要」というのは、ブログを書いている方なら、いろんなところで学んでいるのでほぼ誰もが知っています。

誰もが知っていることを、みんなと同じようにしていてもライバルブロガーより前へできることはできません。

前に出ないと、アクセス数アップは難しいです。

キーワードを組み合わせる

検索

キーワードでも考え方は同じで、「誰もが知っているキーワード」で書いても検索順位は上がらず、アクセスも伸びません。

一方で、誰も検索しないキーワードでブログ記事を書いても、記事の存在にすら気づいてくれません。

なので、「誰もが知っているキーワードの近所」のキーワードで、ブログ記事を書いていくのがおすすめです。

もう少し具体的にいうと、

  • 「誰もが知ってるキーワード」を出発点にして、

  • 後ろに2つくらいのキーワードをくっつけて、

  • 「キーワード3つの組み合わせ」で記事を書いていく

というイメージです。

詳しくは以下の記事で解説しています。

【関連記事】

ブログ記事タイトルの決め方!キーワードを組み合わせるコツはコレ!




ひとり起業家に欠かせない税金やブログ集客についての情報を、日々綴っていきます。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする