仮想通貨のウォレット・お財布はどうする? 公開鍵・秘密鍵とコールドウォレットの意味は何かを調べた!


こんにちは、内田正剛@うちだ会計事務所です。 仮想通貨を始めようと思ったら、「お財布(ウォレット)はどうするの?」という記事を見つけました。通貨を手にしても、しまっておく場所がないといけません。今日は、仮想通貨の基礎知識で欠かせない公開鍵・秘密鍵・コールドウォレットの意味を調べてみました。

ウォレット(仮想通貨のお財布)はどうする?

ウォレットとは?

仮想通貨のウォレット

仮想通貨を始める第一歩は、まず保管場所を作ることです。

保管場所というと大げさですが、要は仮想通貨専用のお財布を作ることで、「ウォレット」と言います。

以下の2種類あるので、順に見ていきます。

  • オフラインウォレット(コールドウォレット)
  • オンラインウォレット(ホットウォレット)

仕組みはこれから解説しますが、「鍵・パスワードをしっかり保管すること」をしっかり覚えておいて下さい。

そうしないと、自分の仮想通貨がなくなるだけでなく、仮想通貨の保管場所(ウォレット)にアクセスできなくなるからです。

公開鍵と秘密鍵って何?

お財布(ウォレット)の解説をする前に、鍵のことを知っておく必要があります。

仮想通貨を保管するときに使う鍵には、「公開鍵」と「秘密鍵」の2種類があり、これを使って仮想通貨を送金したり、受け取ったりします。

仮想通貨の鍵

公開鍵とは?

誰もが見ることのできる暗号のことです。

「銀行口座の口座番号と同じようなもの」というと、イメージしやすいでしょう。

口座番号は、取引をする人に教えることがありますが、口座番号を知ったからといって、口座のお金を勝手に引き出すことはできません。

そういう意味で公開鍵は、「誰もが見ることのできる暗号」なのです。

秘密鍵とは?

自分だけが見ることのできる暗号のことです。

役目的には、銀行口座の暗証番号のようなイメージなので、他人に知られてしまうと、仮想通貨を勝手に引き出されてしまいます。

公開鍵と秘密鍵の役割

公開鍵と秘密鍵の役割を取引の流れに重ね合わせると、以下のとおりです。

まず、仮想通貨を相手に渡したり受け取ったりするときに、相手へ「公開鍵」を知らせます。

相手は、仮想通貨の情報を暗号化して、自分へ送ってきます。

この送られてきた情報を「秘密鍵を使って」、開けるのです。

これで、仮想通貨の送金・受け取りが完結します。

公開鍵と秘密鍵

オフラインウォレットとは?

オフラインウォレット

「ペーパーウォレット」「コールドストレッジ」とも言われます。

インターネットに繋いでいないので、ハッキングされないというのが最大のメリットです。

お財布を開ける鍵には2種類(公開鍵・秘密鍵)あるのですが、その両方とも紙に印刷されるものです。

鍵はQRコードの形式で発行されて、自分の住所へ郵送されてきます。

オフラインで管理されるので、鍵の内容を知られない・紛失しない限りはハッキングされることはありません。

一方で、鍵の内容が書かれた紙をどこに保管するのかという問題は残ります。

例えば以下のサイトです。

Bitaddress.org

textboxという文字の左隣に文字を打ち込むスペースがあるので、ここに好きな文字を打ち込んでアドレスを作っていきます。

Bitaddress.orgの画面

出典:bitaddress.org

Java scriptの機能を使って、ランダムのアドレスと鍵を作るシステムになっていて、公開鍵と秘密鍵の両方を作ります。

そして、鍵の情報を紙に印字します。

TREZOR

パソコンとつないで、デバイスの中に自分の秘密鍵を保管する方法です。

紛失しない限りは、誰かに仮想通貨をハッキングされることはありません。

デバイスは、こんな感じです。

TREZOR

出典:Zaif

今のところ、以下の仮想通貨に対応しています。

  • ビットコイン
  • ビットコインキャッシュ
  • Dash
  • ライトコイン
  • Zキャッシュ
  • イーサリアム
  • イーサリアムクラシック

もちろんデメリットもあって、高い(1万円くらい)ことと、使える仮想通貨が限定されている点が難点です。

Ledger NanoS

以下の写真のようなUSBに、仮想通貨の情報を保管する仕組みです。

Ledger NanoS

出典:ハードウェアウォレット・ジャパン

何と言っても手軽に持ち運びできるのが魅力で(紛失注意!)、対象通貨も以下の25種類です。

Ledger nanosの対象通貨

出典:Hardware wallet

ただ、TREZORと一緒で、値段が張る点は注意が必要です。

オンラインウォレットとは?(補足)

ホットウォレットとも言われ、財布をインターネットに接続された環境においておく仕組みです。

そのため「便利」というメリットがある反面、ハッキングされるリスクは、オフラインの財布に比べてどうしても高くなってしまいます。

うちだはどうする?

ホットとコールドのどっちにするかは、「リアルタイム」「便利」というメリットと、「ハッキングされるリスク」を天秤にかけて何を使うか決めることになりますが、正直いって一長一短です。

なのでうちだは、コールドとホットを併用しようと思っています。

ひとり起業家に欠かせない税金やブログ集客についての情報を、日々綴っていきます。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする