ブログ内部リンクの効果とアクセス数への影響は?貼り方の工夫と画像は?


ブログの書き方・アクセスの集め方を勉強した時に、必ず耳にする「内部リンク」。内部リンクとは何でしょうか?そのの効果とアクセス数アップへの影響・貼り方や画像の工夫についてまとめました。









ブログの内部リンクとは?

雑記ブログの始め方

ブログの内部リンクとは、自分のブログの他の記事へ移動しやすくする仕組みです。

当ブログでいうと以下のカードが内部リンクで、クリックすると当ブログで書いている「ホームページの作り方の基本」というページへアクセスできます。

インターネットを使ってビジネスを立ち上げようと思い、ホームページ・ウェブサイトを作ろうとしますよね。そんな時に多額のお金を使ったりしてませんか?否定はしませんが、ほぼ無料でホームページは作れます。今日は、作り方の基本や初心者におすすめしたい無料ウェブサイトの仕組みを解説します。

記事を書き続けてアクセス数を伸ばすのはもちろんコツコツつづけなければいけませんが、

内部リンクの充実も、それに次ぐくらい重要な作業です。

詳しくは下記の「内部リンクの効果」で書いていますが、「読者のため」でもあり、「アクセス数アップ」のためでもあります。

これに対して、他の人のブログ記事で「これは読んでおいたほうがいいんじゃないか!」と思って貼るリンクは、「外部リンク」といいます。




内部リンクの効果

遺産分割協議の進め方

Return visitorは心理的抵抗が低い

ブログに限らずたいていのビジネスで言えるのは、「新規のお客さんを獲得するのは難しい」ということです。

ブログでいうと、「New visitorを増やすのは難しい」というところでしょうか。

ちなみに、はじめてブログに来てくれた人のことを「New visitor」、2回目以降の人を「Return visitor」といいます。

みなさんも初めて入ろうとするお店には、「大丈夫かな、このお店?」みたいな感じで心理的なバリア・抵抗がありますよね?

ブログでもそれは同じで、初めて訪れるブログには「どんなブログなんだ?」「怪しいブログでは?」みたいな警戒感を感じてしまうのが普通です。

一方で、一度読んでもらったことのある読者は、「このブログは面白い、有益だ!」と思ってくれているから、再度読みに来てくれるわけですし、新しい記事をリリースしたら読みに来てくれるわけです。

ここが重要で、「アクセスへの心理的抵抗が、Return visitorの方が低い」わけです。

これは、人間の習性とも言えるでしょう。




読みに来てくれた人に最大限読んでもらう

内部リンクの充実は、「読者が関心を持ちそうな記事へ誘導してあげる」という狙いがあります。

これをブログ運営者目線でいうと、「読みに来てくれた人に、最大限たくさんの記事を読んでもらう」という目的もあります。

新規顧客・New visitorを獲得するのは難しいのですから、一度お店・ブログへ入ってくれたお客さん・読者に最大限滞在してもらうということです。

そうすればアクセス数もアップするだけでなく、読者がより強く関心を持ってくれますし、ファンになってくれる可能性が高くなります。

そのためには、読むのが快適になるように内部リンクを充実させる必要があるのです。

アクセス数への影響は?

キーワードの組み合わせ

10月14日に更新予定です。

貼り方の工夫は?

ホームページの作り方と仕組み

10月14日に更新しますね。




内部リンクの画像は?

ブログ集客の始め方

10月14日に更新しますね。








ひとり起業家に欠かせない税金やブログ集客についての情報を、日々綴っていきます。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする