ブログリライトの対象と書き方は?初心者がやるべき管理のポイント!


「ブログ記事を書いたらリライトをしよう!」とよく言われますが、リライトのターゲットには何を選んで、書き方はどうするべきでしょうか?今回は初心者向けに、リライトの対象と書き方や、管理の方法を解説します。







ブログ記事のリライト

対象は?

Google検索

検索順位が20-30位あたりの記事をターゲットにします。

20-30位のままではほぼ読まれることはありませんし、10位くらいまでならある程度の作業で持ってくることが可能だからです。




書き方は?

ライバルサイトと比較

ポイントは「ライバルサイト」です。

ライバルサイトにあって自分の記事にないものは、それだけでGoogleの評価に差が出てしまいます。

なので、「自分の記事にないもの」は極力取り込んでいきましょう。

但し、公式サイトは戦っても勝てないので、公式サイトの情報をガンガン取り込んでいくのはあまり得策ではありません。

むしろ、読みにくくなって読者の読む気を萎えさせるかもしれません。

2019年3月中旬〜4月のGoogleアルゴリズムのアップデートで、公式アカウントが上位に来るような傾向が顕著になったからです。

タイトル・ディスクリプション・見出しの相互チェック

キーワードは、タイトルとディスクリプション(冒頭文)だけでなく、見出しにも取り込む必要があります。

リライトの時はこの3者の関係を再チェックして、もし漏れているのなら記事へ取り込むようにしましょう。

タイトルやディスクリプションで言っていることに関心を持ってもらえたのですから、本文で触れないのはよくないですよね😅

【関連記事】

ブログ記事の見出しの書き方は?

リライトの管理は?

リライトは、ブログ記事の評価を高めていくために欠かせない作業です。

一方で、Googleの評価が定まるまで2ヶ月ほどかかるので、記憶ベースだとどうしても忘れてしまいます。

なので、上のツイートで示したような、「計画」と「実績」を比較するために、「いつ公開した?」「いつリライトした?」「何をリライトした?」「検索順位の推移」などをしっかりメモしておきましょう👨‍💻

エクセルで管理するのがオススメです。

リライトするときに、ソートをかけたり並び替えしたりするのに便利だからです。

その上で、実績が想定と差異が出ていれば、いい結果でも悪い結果でも、「なぜそうなったのか?」を分析しましょう。

そうすると、ブログ記事を書く力が伸びていって、以前よりも少ない労力で検索上位を取ることができるようになります。

【次の記事】

ブログリライトとはキーワードの検索順位を上げること【方法まとめ】




ひとり起業家に欠かせない税金やブログ集客についての情報を、日々綴っていきます。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする