角地の相続税はいくら? 土地の評価・相続税の計算はどうする?


こんにちは、うちだです。相続税は、相続した財産の価値に応じて課税するのが原則です。角地を始めとする土地も同じなので、相続税の計算をする前に「角地(土地)」を評価することが必要です。そこで今回は、角地の評価はいくらになるのか・相続税の計算はどうするのかを解説します。

相続税の計算はどうする?

遺産の評価をする(ステップ1)

相続税の計算の考え方

相続税は、相続した財産の価値・評価に応じて課税されます。

そのため、相続税の計算をする前に、「相続した遺産はいくらなのか?」をまず計算する必要があるのです。

評価の仕方もルールがある

同じもの・遺産でも、評価する人によって金額が変わったのでは、公平性を欠いてしまいます。

そのため、遺産の評価の仕方もルールが定められています。

全ての相続人の遺産の金額を合計する(ステップ2)

最終的には相続人それぞれに相続税が課税されるのですが、一旦、全相続人が相続した遺産の金額を合算します。

これは、後述する「基礎控除」という特典を、「相続人全体の人数」に応じて計算するからです。

遺産の基礎控除額を計算する(ステップ3)

基礎控除って何?

相続税は、遺産の金額が大きくなるほど税額も大きくなります。

一般的に相続財産の多くは不動産であり、しかも高額なケースが多いので、原則通りの課税にすると、相続人に過度の負担になってしまいます。

そこで、相続税の計算をする過程で、一定の金額を「基礎控除」として遺産の金額からマイナスする仕組みが導入されています。

これを「遺産の基礎控除」といいます。

どうやって計算する?

法律で認められている相続人のことを「法定相続人」と言いますが、以下の計算式に当てはめて計算します。

基礎控除額=3,000万円+600万円×法定相続人の人数

仮に、父が亡くなった後の相続人が母・自分・弟の3名であれば、以下の計算の結果、基礎控除額は4,800万円になります。

3,000万円+600万円×3人=4,800万円

関連記事:相続順位(順番)はどうなる? 法定相続人・代襲相続は?

つまり、相続する遺産が4,800万円以下であれば、相続税がゼロになるということです。

遺産の総額から基礎控除額をマイナスし、残額を各相続人に按分する(ステップ4)

基礎控除額をマイナスする

仮に遺産が3億円で、相続人が3人であれば基礎控除額は4,800万円なので、差し引きした残額は2億5,200万円になります。

各相続人に按分する

次に、法律で定められた割合で相続人に相続財産の金額を按分します。

これを法定相続分といい、この金額に相続税率をかけて、相続税の計算をします(まだ終わりではありません)。

法定相続分についても、前述の関連記事で解説しています。

ステップ4で計算した相続税を合算する(ステップ5)

計算した各相続人の相続税の金額を一旦合算します。

相続した金額に応じて相続税を按分する(ステップ6)

ステップ5で合算した金額を、相続した財産の金額に応じて各相続人へ按分します。

諸々のマイナスを追加で入れることはありますが、ここまでが主な相続税の計算基本パターンです。

角地の評価はいくら?

土地の評価の方法は2つある

路線価方式と倍率方式

土地を相続したら、相続税の計算をするために評価をしますが、評価の方法は2つあります。

1つが路線価方式と呼ばれるもので、路線(≒公道)ごとにつけらた㎡あたりの価値(路線価)で評価する方法です。

もう一つは倍率方式と言われるもので、固定資産税の評価額に、地域ごとに定められている倍率をかけて計算します。

どっちを採用するかは国税局長が定める

どっちで評価するのかは、毎年国税局長が定めて「財産評価基準(路線価ず、評価倍率表)」で公表します。

なので、評価をするときは財産評価基準を確認することから始めます。

財産評価基準書路線価図・評価倍率表をみる

該当住所を見ると、以下のような図が出てきます。

路線価図

路線価図

これが路線価図と言われるもので、数値が「路線価」です。

数値に何も印が付いていなければ「普通住宅地区」という区分になります。

奥行価格補正率表を見る

路線価に奥行価格補正率をかける

路線からの奥行の距離を実際に測定した後、「奥行価格補正率表」を使って、路線価に補正率をかけます。

角地の場合は、路線価が2つの可能性があるので、両方の路線価にそれぞれの補正率をかけます。

その結果、高い方を正面路線価とします。

正面路線価とは?

角地の「正面の路線価」という意味の「正面路線価」を使って、路線価の調整計算を行います。

角地には、2つの路線があるケースが多いためです。

評価額を計算する

このほかにも、「側方路線影響加算額」というアレンジをしますが、上記の調整計算の結果算定された㎡あたりの価値を、評価対象の角地の面積にかけて、評価は終了です。

まとめ

専門家でない限りは、何度も目にするものではありません。

当記事のような手順が解説されているものを参考に、1つずつ慎重に計算していきましょう。

ひとり起業家に欠かせない税金やブログ集客についての情報を、日々綴っていきます。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする