夫が亡くなったら相続税はどうなる? 配偶者に対する相続税額の軽減はいくら?


こんにちは、内田正剛@うちだ会計事務所です。「夫が亡くなったら、相続税はどうなるのかしら?いくら?」 妻の多くが抱えている悩みでしょう。相続税の世界では、生前の貢献を重視し「配偶者に対する相続税額の軽減」という制度があるので、解説します。

夫が亡くなった場合の相続

相続・贈与の考え方

相続税・贈与税の世界では、「個人」単位で相続や贈与を考えます。

つまり、夫婦だからといっても、夫婦間で財産のやりとりがあれば、それは贈与とみなされますし、夫が亡くなるとその財産は無条件に妻のものになるわけではありません。

相続する順番と割合が決まっている

夫が亡くなった場合、相続できる順番・相続できる遺産の割合は決まっています。

遺言があれば別途検討は必要ですが、妻と子供しかない家庭を前提とすると、妻は遺産の半分を受け取ることができます。

関連記事:相続順位(順番)はどうなる? 法定相続人・代襲相続は?

妻の相続税が高くなる?

他の親族に比べて相続する財産が多くなると、原則通りに行けば相続税が多額になってしまいます。

一方で、妻は夫とともに財産形成に貢献した側面もあり、老後の生活を保護する必要もあります。

そこで、相続税の世界では、妻が相続する財産の金額が1億6千万円を超えない範囲までは、相続税を課税しないというルールを設けました。

具体的には、下記の「相続税はどうなる?いくら?」で解説していきます。

相続税はどうなる?いくら?

相続税の計算フロー(試算に必要な知識その1)

まず必要なのは相続税の計算フローに関する知識です。

相続税の計算は、遺産を相続する相続人がそれぞれ計算するのではなく、以下のステップを経て計算します。

  • 相続人全員の遺産の金額を計算
  • 全遺産金額を合算して、相続税の総額を計算する
  • 相続税の総額を各相続人へ割り振る
  • 割り振られた相続税に、個人それぞれの事情(配偶者の控除など)を反映する
  • 残額が、各相続人が負担する相続税の金額

文章だとわかりにくいので、数値を使ってみていきましょう。

以下の例では、亡くなった父の遺産(3億円)を、母(1.5億円)と娘(1.5億円)の2人で相続する&遺言なしとします。

ステップ 計算 備考
1 相続人全員の遺産の金額を計算する 母:15,000万円

娘:15,000万円

2 全遺産金額を合算して、相続税の総額を計算する 6,920万円 ※1
3 相続税の総額を各相続人へ割り振る 母:3,460万円

娘:3,460万円

 ※1
4 割り振られた相続税に、個人それぞれの事情(配偶者の控除など)を反映する 母:3,691万円

娘:0円

※2
5  残額が、各相続人が負担する相続税の金額  母:0円

娘:3,460万円

※3

※1

①基礎控除の計算

3,000万円 + 600万円 × 法定相続人の数(2名)= 4,200万円

②相続税総額の計算

遺産から基礎控除をマイナス:(15,000万円 + 15,000万円)- 4,200万円 = 25,800万円

母・娘それぞれの相続税計算のベース:25,800万円 × 1/2 = 12,900万円

母・娘それぞれの相続税:12,900万円 × 40% -1,700万円 = 3,460万円

合計する:3,460万円+3,460万円 = 6,920万円

※2

①母:6,920万円 × (16,000万円/30,000万円)= 3,691万円

②娘:0円

※3

①母:3,460万円 – 3,691万円 < 0円 = 0円

②娘:3,460万円 – 0円 = 3,460万円

配偶者に対する相続税額の軽減

夫の財産形成に貢献したという判断で、妻については、相続する財産の金額が1億6千万円までは相続税を課税しないというルールが設けられています。

これを「配偶者に対する相続税額の軽減」と言います。

ただ、無条件に認められるわけではなく、相続税の申告をして「配偶者に対する相続税額の軽減の特典を受ける」意思を明らかにしないといけません。

まとめ

相続税の計算は、文章で読んでいくとわかりにくいので、計算例を追いながら理解を深めていきましょう。

ひとり起業家に欠かせない税金やブログ集客についての情報を、日々綴っていきます。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする