相続順位(順番)はどうなる? 法定相続人・代襲相続は?


こんにちは、うちだです。「父がなくなったけど、相続はどうなるんだろう?」という疑問を時折耳にします。亡くなった人の財産を誰が相続するのかは、法律で順番・順位が決められています。そこで今回は、相続の順番を知る上で欠かせない「法定相続人」「代襲相続」について解説します。

法定相続人・代襲相続とは?

遺産を無条件で相続する人(法定相続人)

遺言があれば別ですが、なければ無条件で遺産をもらえる人は法律で決められています。

この「法律で決まっている、無条件で遺産をもらえる人」のことを、法定相続人といいます。

例えば、自分の立場から見て亡くなった人が父なら、母(配偶者)や自分・兄弟姉妹などです。

子供が亡くなっていたら孫が相続する(代襲相続)

代襲相続とは?

亡くなった人の子供が既に亡くなっていて、その子供に子供(つまり亡くなった人の孫)がいる場合、孫が相続人になります。

これを代襲相続といいます。

代襲相続の注意点

上記の例でいうと、孫は自分の親が亡くなっている場合にのみ「代襲相続」ができます。

仮に、孫の親は亡くなっておらず、「相続放棄」をしたのであれば、孫に代襲相続できる余地はありません。

また、亡くなった人の兄弟姉妹は法定相続人ですが、その人が亡くなっていた場合、亡くなった人の兄弟姉妹の子供たちは「代襲相続」はできません。

相続の順番(順位)はどうなる?

相続できる順番・順位

亡くなったのが自分の父だとすると、以下の図のように優先順位が定められています。

法定相続人の順位

母(亡くなった人の配偶者)がまず最初で、その次に自分(亡くなった人の子供)→亡くなった人の親(祖父母)→亡くなった人の兄弟姉妹(伯父伯母・叔父叔母)の順番です。

法定相続分

遺言があれば別途検討が必要ですが、どの相続人がいくら遺産をもらえるのかが決まっています。

具体的には、法定相続人の立場ごとに割合が定められており、「法定相続分」といいます。

以下の解説では、「相続できる順番・順位」を読み返しながら、進んでいきましょう。

亡くなった人に配偶者と子供しかいない場合(パターン1)

配偶者が遺産の50%を、子供が残りの50%を相続します。

仮に子供が2名いたのなら、配偶者が50%、子供Aと子供Bがそれぞれ25%の計50%を相続します。

亡くなった人に配偶者と親1名しかいない場合(パターン2)

配偶者が遺産の3分の2を、残りの3分の1を親が相続します。

仮に親が両方とも健在であれば、3分の1を半分ずつ相続します。

つまり、配偶者が66.6%を、父親が16.7%、母が16.7%を相続するということです。

亡くなった人に配偶者と亡くなった人の兄・弟だけがいる場合(パターン3)

配偶者が75%の遺産を相続し、兄と弟は25%を半分ずつ相続します。

つまり、配偶者が75%、亡くなった人の兄が12.5%、亡くなった人の弟が12.5%を相続するということです。

遺言がある場合は?(遺留分)

遺留分とは?

遺族のトラブルを避けるために、亡くなった人が生前に遺言書を書いているケースもあるでしょう。

仮にその遺言書で、法定相続分の割合とは異なる意思が書かれていた場合でも、法律で「法定相続人が最低限受け取れる割合」が定められています。

これを「遺留分」といい、以下で主なパターン別に見ていきましょう。

亡くなった人に配偶者と子供1人がいた場合(パターン1)

仮に遺言書で「Aさんへ全額遺産をあげる」と書かれていたとしても、配偶者と子供はそれぞれ遺産の25%ずつの合計50%を受け取れます。

つまりAさんは、最大でも遺産の50%しか受け取れないということです。

亡くなった人に子供1人のみいた場合(パターン2)

子供が遺産の50%を受け取れます。

パターン1と同様に、Aさんは遺産の50%のみ受け取れます。

まとめ

「法定相続人」と「代襲相続」の意味を押さえた上で、「相続の順番(順位)」の記事を読んでみましょう。

ひとり起業家に欠かせない税金やブログ集客についての情報を、日々綴っていきます。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする