ブログで稼ぐキーワードの探し方を簡単に解説【めちゃくちゃ簡単です】


「ブログで稼ぐぞ!」って決めたけど、どうしたらいいかわからないですよね。ブログは「キーワードが命」なので、キーワードの探し方を簡単に解説します。めちゃくちゃ簡単なので、数分で読める記事です。







ブログで稼ぐ時のキーワードの探し方

関連検索キーワード取得ツールの「Googleサジェスト」を見る

キーワードを教えてくれるサイトはいくつかありますが、稼ぐ(=収益化)ことを狙うなら、

関連検索キーワード取得ツール

がおすすめです。

さっそくクリックして見ると、キーワードを入れる検索窓があります。

例として「英会話」を入れてみると、こんな画面が出てきます。

関連検索キーワード取得ツール

この欄にあるキーワードで記事を書いていけばいいです。

検索順位1位を目指す

じゃあ、記事さえ書けばいいんでしょといわれると、そうではありません。

ブログ記事は、検索順位が1-3位あたりにないと、アクセス数が大きく下がってしまうので、検索順位1位をめざして記事を書きます。

目指し方はというと、「誰よりもいい記事を書く」ですが、簡単にいうと「ライバルサイトの分析」で、検索上位にいるライバル記事よりも内容のいいものを書けばいいということです。

遠回りキーワードで記事を書くのもあり

例えば、先ほど「英会話」の検索画面をお見せしましたが、じゃぁとばかりに「英会話」の記事をじゃんじゃん書くだけでは芸がありません。

こんなときは、「英語話せない」「英語しゃべれない」というキーワードで記事を書き、その記事から「英会話サービスの紹介記事」へ内部リンクを貼るという方法もあります。

つまり、「英語喋れない」という方の気持ちに寄り添った記事を書いて、そこから「英会話いサービスの紹介」記事へ導くのです。

「タイトル」がアクセスの決め手

ググった時に、一番見るのは何でしょうか?

やっぱり検索上位の記事の「タイトル」ですよね。

タイトルのつけ方にはコツがあるのですが、要は「お、読んでみたい」と思ってもらえる「惹きつけるタイトル」をつける必要があります。

タイトルの具体的な考え方は、以下の記事で解説しています。

【次の記事】

読者の目を引くタイトルの付け方の5つのコツ




ひとり起業家に欠かせない税金やブログ集客についての情報を、日々綴っていきます。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする