ブログ批判中傷コメントにどう対応する?たった2つのパターンでOK!


「ブログに批判中傷コメントが送られて来たけど、どう対応するの?」って思ったことありますよね?情報発信してたら、ひどいコメントを送りつけてくる人は絶対います。対応は経験的にたった2つのパターンでOKなので、紹介します。







ブログ批判中傷コメントにどう対応?

パターンはたった2つでOK

「批判」の中にも的を得たものはあります。

自分だけで自分のことを評価するとどうしても極端になりがちなので、人の評価を聞くことが必ずしも悪いことばかりではありません👂👀

ただ、中には明らかな人格攻撃もあるので、批判中傷コメントには以下の2つのパターンに分けて対応しましょう。

的を得た指摘なら? (パターン1)

せっかく「より良くする方法」を提案してくれているので、聞かない手はありません。

的を得た指摘なら、可能な限り早めに言われた通りに改善してみましょう。

その上で、ブログ記事に

「コメントありがとうございます。修正しました(加筆しました)」

って書くと、より丁寧でしょう。

コメントを送ってくれた人が、記事をチェックしているかもしれないからです。

好意的にアプローチしてくれる人には、好意で返した方がいい関係になります。

単なる暴言なら? (パターン2)

こういう暴言を送りつけてくる人は、ほぼ確実に匿名です。

某インフルエンサーのような鉄の心を持っている人なら話は別ですが、たいていの人はひどいことを言われると傷つきます。

なので対応はただ一つ

「思考停止」して「速攻で削除」

です。

何も考えずに削除するのをおすすめします。

人に酷いことを言われると、心のかなりの部分をそのコメントに奪われてしまいますが、ひとり起業家ブロガーは暇じゃありません。

余計なことに心を奪われないように努力しないといけないんです。

「コメント削除しちゃっていいいのかな?😓」

って思うのなら、こう思ってください。

「もし、心無い人が家の前にゴミとか犬のフンを捨てていったらどうしますか?普通にゴミ箱🗑へ捨てますよね」

誰もそのままにしませんよ😅

早速、明日から試してみてください。

心地よいブロガーライフがみなさんに続きますように!

【次の記事】

ブログ読者が喜ぶこと書いてる?初心者がやることチェックリスト




ひとり起業家に欠かせない税金やブログ集客についての情報を、日々綴っていきます。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする