読みたくなる文章の書き方を解説!たった3分で読めてアクセスアップ!


ブログ記事のアクセスアップには、読みたくなる文章の型があります。今回は「読みたくなる文章の書き方」を解説します。







読みたくなる文章の書き方

読者の目を惹きつける(ポイント1)

読者の目を惹きつける

PCやスマホで記事を探している人は、非常に移り気なので、「違う」と思ったら、すぐに他のページへ行っちゃいます。

「読者にまずは関心を持ってもらう」ことが必要なので、何よりも「タイトル」が命です。

その次に「ディスクリプション(冒頭文)」で、「タイトル」をアシストしてくれる役割を果たします。

【関連記事】

タイトルと冒頭文の決め方をわかりやすく解説!

キーワードを探す(ポイント2)

読者とブログ記事の書き手をつなぐのが「キーワード」です。

キーワードなしでブログ記事を書いても、アクセスは増えません。

奥は深いですが、「いいキーワードを選ぶ」ことは、ブログ記事を書く作業の中で最も重要な作業です。

【関連記事】

キーワードの選び方の基本

ググる&読者に価値がある情報か考える(ポイント3)

キーワードが選べても、ツワモノサイトが既にがっつり記事を書いていたら、勝負は見えています。

ググって、強いサイトがいないかをしっかりチェックしましょう。

また、そもそも自分が書こうとしている記事で「読者に何か得を感じてもらえるか?」を考えることも重要です。

特に何も提供できないのなら時間の無駄なので、やめておきましょう。

「読者に得か?」を感じてもらうには、「読者は何を求めているか?」を考えることも必要です。

どんなにいい記事でも、読者が欲しいものでなければ価値はないのと同じです。

和菓子が食べたいひとに、絶品のケーキをプレゼントしても喜ばないですよね。

具体的な話を証拠付きで伝える(ポイント4)

「みんなが〇〇って言っている」では、説得力がありません。

「僕は、〇〇をして△△を手に入れたから、読者さんも〇〇するといいよ」って具体的に書かないと、読者に刺さりません。

読者が聞きたいのは「具体的な話」です。

それに加えて、「△△を手に入れたから」という証拠・理由も欠かせません。

例えば野球のバッテイングについて、イチローとうちだが同じことを言ったとしても、誰もうちだの言うことは信用しませんよね。

実績などの証拠で、自分の説明を裏付けましょう。

読者に行動を促す(ポイント5)

たくさんお得な情報を提供するだけでなく、「購入」などの具体的なを起こしてもらうことで、読者も書き手もWin-Winになります。

ただし、これまでの説明が台無しになるので、押し売りはダメですよ。




おすすめの書籍

うちだがブログ記事を書くときに手放せない、2冊の書籍を紹介します。

少なくとも3度は読み返しつつ、記事を書くときにはパソコンの隣に置いておきたいですね。

【次の記事】

わかりやすい文章の書き方のコツ




ひとり起業家に欠かせない税金やブログ集客についての情報を、日々綴っていきます。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする