ブログデザインのおすすめ!シンプルでかっこいい初心者向け参考例!


ブログのアイキャッチ画像や図表ってさりげにきになるので、かっこいい・シンプルなデザインを使いたいですよね。今回は、基本的な考え方・コツをお伝えし、初心者向けのおすすめ初参考例を紹介します。







ブログの画像や図表のデザインの基本

文字を揃える(ポイント1)

文字の左端や右端は、たかが1文字のスペースでも、ずれていると気になります。

パッと見て「きれい」と感じてもらうには、端っこを揃えましょう。

ちなみに、全ての行の端っこを揃えると単調になるので、本文と見出しは 一文字ズラしましょう。

こんな感じです。

端っこを揃える




色は3つまでにしよう!(ポイント2)

伝えたい内容を強調したいときに、文字に色を塗りますよね。

伝えたいことがいくつもあるときに、何色も色を使っていませんか?

こんな感じです。

色は3つまで

使う色は理想を言うと1つか2つまでで、どんなに多くても3つまでにしましょう。

「すべてを強調するのは、強調していないのと一緒」なので、どうしても強調したいことについてだけ、色を使いましょう。




グループごとに色を変える(ポイント3)

色を変えるなら、「なぜ色を変えるのか?」の理由が必要です。

たとえば、1枚のパワポで「2種類のことを説明したい」のなら、片方はでもう一方はにしてみましょう。

色をグループ分け

そうすると、読者が「なぜ色分けされているのか」がわかり、読者の理解が進みます。




やさしい字体にしましょう!(ポイント4)

WordやPowerpointにはいろんな字体がありますが、うちだのおすすめはHG丸ゴシックM-PROです。

明朝やゴシックよりも、やわらかい感じになるからです。

やさしい字体に

まぁ、この辺りは好みの世界ではありますが😅

ただし、固い内容をお固い人たちに固く説明するときは、避けましょう。

お固い人たちに「俺たちをバカにしている」と伝わる可能性があるからです。




余白も色のひとつ(ポイント5)

お客さんに何かを説明したいときに、「あれも」「これも」とアイデアが浮かんできます。

それを1枚のスライドにガンガン詰め込むと、どう見えるでしょうか?

余白も語っているBefore

パワーポイントは、読者に読ませると失格です。

パッと見てパッとわかる必要があります。

だったら、余白を使いましょう。

余白も語っているAfter2

無印良品の商品を見るとよくわかるのですが、デザインが超シンプル(=パワーポイントなら余白が多い)だけど、十分消費者に魅力が伝わっていますよね。

「余白も語っている」と覚えておきましょう。




シンプルでかっこいい初心者向けおすすめの参考例

ここまで解説してきた内容以外に、いくつかアイデア・参考例を紹介します。

気に入ったものがあれば、ぜひ使ってみてください。

画像の透明度を上げる(アイデア1)

Powerpointにそのまま書き込んだだけでは味気ないので画像を使いますが、そのままだと画像のインパクトが大きすぎます。

90%くらいの透明度にしてみると、いい感じになってきます。

きれいだからといって画像を鮮明に使うと、本来脇役であるべき画像が主役であるべき「伝えたいこと」をぼやけさせてしまうのです。




Before

透かしを入れる

After

透かしを入れるAfter




文字は黒よりもグレー(アイデア2)

パワーポイントの文字のデフォルト設定は黒色ですが、あえてグレーにしてみましょう。

文字がやわらかくなって、読者へソフトに伝わりますよ。

文字をグレーに







ひとり起業家に欠かせない税金やブログ集客についての情報を、日々綴っていきます。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする