仮想通貨の取引所はどこがおすすめで取り扱い通貨は? メリット・デメリット比較の体験談まとめ!


こんにちは、内田正剛@うちだ会計事務所です。前回の記事で仮想通貨の取引所をどこにするか、おすすめ・メリット・デメリットを書きましたが、今日は取り扱い通貨やメリット・デメリットを比較して、どこにしたかを具体的に体験談としてまとめました。

仮想通貨の取引所はどこがおすすめ?(体験談)

仮想通貨の情報収集体験談まとめ

先日書いた記事で、取引所の候補をbitFlyerとBinanceに絞ったと書きました。

取り扱い通貨の種類と、アプリの使い勝手で決めました。

今日は、具体的にいくら・どれくらいの金額を・どちらに投入しようか、検討していこうと思います。

【関連記事:前回書いた記事】

仮想通貨の取引所の見つけ方 初心者必見の使える体験談まとめ

取り扱い通貨は?

bitFlyer

取り扱っている仮想通貨は以下の7つです。

  • ビットコイン系(ビットコイン・ビットコインキャッシュ)
  • イーサリアム系(イーサリアム・イーサリアムクラシック)
  • ライトコイン
  • モナコイン
  • リスク

Binance

ビットコインやイーサリアムはもちろん、ここに書ききれないくらいの仮想通貨が取引されています。

メリット・デメリットなどの比較体験談のまとめ

仮想通貨のメリットデメリット比較

取り扱い通貨

取り扱い通貨数を、他の取引所と比較してみました。

bitFlyer Binance  Zaif   bitbank
 7  100以上 16   6

やはり、Binanceの取り扱い通貨数が群を抜いています。

なので、Binanceを対象から外すのは「ない」かなと思いました。

ただ、一旦は国内の取引所で経験を積んでから、Binanceへ参入しようと思います。

時価

最初は様子見の意味で、少額投資にしようと思っています。

なので、時価が予算の範囲内かを比較しないといけません。

なので、早速時価をチェックしてみました(18年4月12日時点)。

仮装通貨 単位 時価
ビットコイン ビットコイン 1BTC 731,870円
ビットコインキャッシュ ビットコインキャッシュ 1BCH  70,709円
イーサリアム イーサリアム 1ETH 45,405円
ライトコイン ライトコイン 1LTC  12,153円
イーサリアムクラシック イーサリアムクラシック 1ETC  1,492円
リスク リスク 1LSK 938円
モナコイン モナコイン 1MONA 351円

細かい単位でちょくちょく取引をしたいので、今回は以下の銘柄を選ぶことにしました。

  • イーサリアムクラシック
  • リスク
  • モナコイン

ハッキングのリスク

専門家じゃないと、これは正直よくわかりません。

なので、少々強引ですが、主要な取引所なら大差はないと思い込むことにして、後日しっかり勉強しようと思います。

仮想通貨通貨の内容

内容もよく知らずに買うわけにはいきませんから、上記の3通貨について調べてみました。

イーサリアムクラシック

その名の通り、イーサリアムから分裂してできた仮想通貨です。

分裂元のイーサリアムとは基本的な機能は同じであり、イーサリアムと価格が連動しやすい性質があるそうです。

時価の推移は、こんな感じです。

イーサリアムクラシック時価の推移

リスク

かなりシンプルな言い方をすると、仮想通貨の取引簿のことをブロックチェーンといいます。

リスクのメインのブロックチェーン以外にサブのブロックチェーンがあって、それと連動させています。

そうすることで、ハッキングなどの問題に対処しやすくしているそうです。

ただ、bitFlyerの場合、売買は販売所で行うことになります。

販売所は、取引がすぐに整理する反面、取引所に比べて手数料が高くなります。

時価は、こんな感じで推移しています。

リスクの時価推移

モナコイン

日本が発祥の仮想通貨で、取引スピードが速いという特徴があるそうです。

発祥の背景から、取引の多くが日本で行われているので、ビットコインの価格に影響を受けにくい性質があります。

時価の推移は、こんな感じです。

モナコイン時価の推移

次回予告

次回は、実際に購入した時の体験談を書いてみようと思います。

ひとり起業家に欠かせない税金やブログ集客についての情報を、日々綴っていきます。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする