ブログは続けることが大切!モチベーション落ちても書くメリットは?


「19年3月のGoogleアルゴリズム変更でアクセスが激減した」という話をよく耳にしますよね。うちだもその口ですが、モチベーションの低下が半端ないですよね。でもブログは続けることが大切だと思います。今回は、モチベーション落ちても書くメリットは何かをまとめました。







ブログは続けることが大切

検索順位の未来はGoogleが決める

Googleの検索順位は、Googleが作っているアルゴリズムが決めます。

つまり、今後どんな検索順位になるかは全てGoogleの考え方次第ということです。

19年3月のアルゴリズム変更で検索順位がガタ落ちになったブロガーの話が方々で聞かれますが、「今後絶対復活させない」とGoogleが宣言しているわけではありません。

これから先、Googleがどんなアルゴリズム変更をするのかはGoogleにしかわからないので、「もう復活しないからブログ書かねぇぞ!」と憤るのは得策じゃないと思います。

うちだはどうだった?

同じ時期に、アクセスがびっくりするほど落ちました。

いやー、モチベーションさがりますねー。

でも、逆に「絶対書くのをやめないぞ!」って気持ちがムクムク湧いてきて、それから1日も休んでいません。

なんでやめないかは、いくつかのメリットを感じたからです。

モチベーションが落ちても書くメリットは?

今後復活する可能性がある (メリット1)

Googleが今後どんなアルゴリズム変更するかわからない以上、今回の変更だけでブログをやめるのは論理の飛躍だと考えたからです。

いろいろブロガーさんの記事を見ていると、「一回圏外へ飛んだけど、その後戻ってきたことがある」みたいなことをおっしゃっている方もいました。

つまり、山あり谷ありってことです。

人生と同じですね。

「もう見込みありません」ってGoogle本人が言わない限りは、アクセス上下に一喜一憂するのは幼稚かなとも思ったんです。

「ブログを書かない」のがGoogleの評価に悪影響を与えるのは、調べている限り間違いなさそうなので、「将来のアルゴリズム変更を見据えて」書き続ける方が得策だと考えました

ブログを書くのをやめると、将来後悔しそうだなと。

書くのが好きだからやめる理由はない (メリット2)

うちだは、「自分の考え方や知識・経験を情報発信すること」を仕事の中心に据えています。

しかもこのブログは、本名で書いています。

今後うちだに「文章を書いてほしい」って思った人が、長らく更新の停止しているうちだのブログを見たらどう思うでしょうか?

「継続力のない人」と評価されないとも限りません。

好きだからやめる理由はないし、継続できない人と思われるのも嫌だからやめないのです。

もう書くのを止めることはないと思います。

メリット2は、うちだだけのメリットかもしれませんが😅

うちだの知識や経験で誰かに得してほしい (メリット3)

うちだの知識や経験が誰かの得につながったら、単純にうれしいですよね。

ただ、それだけです。

もちろん、うちだが発信した情報を活用した人が、うちだの邪魔をすることはあるかもしれません。

でも、うちだの味はうちだにしか出せないので、あんまり脅威に感じる必要もないかなと考えて、知っている知識や経験は最大限情報発信するようにしています。

逆に、他人に得をさせずに自分だけ得をしようなんて、虫のいい話ですよね。

【次の記事】

ブログやTwitterを毎日書く更新するおすすめのコツ【効果有】




ひとり起業家に欠かせない税金やブログ集客についての情報を、日々綴っていきます。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする