ブログ記事やyoutubeネタの調べ方!検索候補を見る時の注意点


ブログ記事やyoutube動画のネタを探す時、どうしたらいいか分からないって思いませんか?今回は、記事や動画ネタの調べ方の解説として、「Googleやyoutubeの検索候補を見る時の注意点」をまとめました。







ブログ記事やyoutube動画のネタの調べ方

ネタの調べ方

ブログの場合はgoodkeywordを、youtubeの場合は「自分が考えたキーワード候補」を実際にyoutubeの検索窓へ打ち込んで調べます。

こちらがgoodkeywordの画面です。

goodkeyword

出典:goodkeyword

そしてこちらのスクショは、youtubeの検索窓に「40代」と打ち込んだ場合の検索結果です。

youtube検索結果

検索候補を見る

基本的な方針は、こちらの検索結果の中から「需要あり」と判断した項目について、「ブログ記事」や「youtube動画」を作って、情報発信していきます。

ただし、「ライバルチェック」は欠かせません。

「需要あり」と思っても、すでに他の人がしっかり陣地を確保してしまっている可能性があるからです。

うちだをはじめとした弱小ブロガーは「弱者の戦略」を徹底するので、ライバルが強かったら、戦わないからです。

注意点

Googleやyoutubeの検索には、注意点があります。

youtube検索窓の検索結果を例に挙げてみます。

例えば検索窓に「40代」と入力すると、以下の画面が出てきますよね。

youtube検索結果

じっくり見ると「40代 転職」と出てきますが、転職ネタはこれだけです。

ところが、「40代 転職」と入力すると、以下のように追加の検索結果が出てきます。

40代転職の検索結果

この画面は、検索窓に「40代 転職」と入力しないと出てきません。

このように、キーワード候補を「1語だけ入れた場合には出てこないキーワード」が隠れているのです。

こんな感じで、検索結果の後ろに隠れているキーワードは少なからずあるので、ネタを調べるときは、このようにもう一歩踏み込んでみることをおすすめします。

【次の記事】

ブログやyoutubeのウケる記事や動画のネタ探しの方法まとめ




ひとり起業家に欠かせない税金やブログ集客についての情報を、日々綴っていきます。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする