ブログ書き出しのコツはこれがおすすめ!たった5分で書ける方法!


ブログの書き出し(導入文)はタイトルと並んで重要な部分ですが、うまく書けずにいつも困ってしまいますよね。今回はおすすめの書き方を解説します。うちだも最近は5分くらいで書けるようになりましたので、おすすめです。

ブログ導入文はタイトルと並んで重要

ブログの冒頭文は、タイトルと並んで「読者に関心を持ってもらう」重要な部分です。

家でいうと表札の役割です。

グーグルの検索画面を見ると、納得できると思います。

グーグル検索結果

このように、検索画面には「タイトル」と「導入文」しか出てきません。

この2つを見て、「記事を読むかどうか?」を読者は決めるのです。

書き方も盲目的に書けばいいというわけではなく、3つのパーツを組み合わせて書いていくと「読者に説得力のある」導入文を書けるようになります。

おすすめの書き方

導入文は3つのパーツから作る

導入文の役割は、「タイトルをサポート」「ブログ記事を読みたいと感じてもらう」ことです。

3つのパーツで作るのが、コンパクトな上に説得力が増すので、ぜひ参考にしてみてください。

読者の悩みや知りたいこと(パーツ1)

検索順位チェック

読者は、何かを知りたいからググるわけです。

知りたい内容は人それぞれですが、「〇〇ができるようになりたい」「△△はどうしたらいい?」という、読者の悩みがメインでしょう。

そこでブログの導入文も、「読者の悩み」を特定し、「〇〇で困っていますよね」という悩みを明確にするところから始めます。

記事を読んだ効果(パーツ2)

読者は、ブログ記事を読むことで悩みを解決したいんです。

だから、「この記事を読んだら〇〇できるようになりますよ」という感じで、「記事を読んだことで得られる効果」を、(パーツ1)の次にはっきり書いておきます。

「なるほどね、だったら読んでみようかな」

って読者に思って頂くためです。

根拠と証拠(パーツ3)

どんなに立派なことを書いても、実績や結果が残せていなかったら説得力は乏しくなります。

例えば野球でも、アマチュアのコーチが言うこととイチローが言うことでは、内容が同じでも説得力は比較になりません。

「実際に〇〇できました」とはっきり冒頭文で示すことで、説得力を高めます。

ブログのアクセスの伸ばし方を解説するなら、「〇〇PV達成」とかです。

まぁ、あんまりやりすぎると鼻につくので、程度モノではあります。

さっそく試して見てください。

こんにちは内田正剛@uchida016です。ブログを使って集客ウェブサイトを作るときに、記事タイトルや概要文(description)の決め方をどうするか悩みますよね?見出しの付け方やキーワード設定方法も悩ましいところなので、まとめました。

ひとり起業家に欠かせない税金やブログ集客についての情報を、日々綴っていきます。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする