ブログの説得力の高め方おすすめ4つの方法!凄いサイトはここが違う


アクセス数が伸びない人「滞在時間が伸びないし商品も売れない」「ブログの説得力を高める方法を知りたいな」。そんな方に向けて、おすすめの4つの方法を解説します。どこが凄いサイトと違うのかがわかりますよ。

ブログの説得力の高め方4つの方法

はっきりいう

今日の質問
今日の質問
説得力を高めるには、どうしたらいいのかしら?
会計士 内田正剛
会計士 内田正剛
「読者がどう感じるか?」を考えることですね。「はっきり言う」「繰り返す」などは典型例です。

はっきり言う・自信なさげな文章を書かない

読者は、自信がなさげな文章に心を動かされることはありません。

「〇〇は△△なのかもしれません」って言われるより、「〇〇は△△で間違いないです」って言われる文章を好みます。

なんらかの悩みや調べたいことがあってブログ記事へやってきたのに、そこに「かもしれない」って書かれていたのでは、がっかりしてしまいます。

確度の高い答えを探しているのですから、「かもしれない」では困るのです。

とはいえ、「自信がないのにウソは書けない」って思うのも止むを得ないです。

そんなときは、自信を持った文章が書けるまでとことん調べればいいだけです。

よく知る (経験する)

ブログ記事のトピックをよく知った上で書いているか知らずに書いているかは、読み手にすぐ伝わります。

表面的にしか知らないトピックの場合は、入り口や入門知識近辺のところをグルグル回っている記事になってしまうからです。

説得力を上げたいのなら詳しく調べてから書けばいいですし、もっと説得力を上げるには「自分が経験してみる」ことがベストです。

実際に経験しないと見えてこない悩みだったり詰まったりするところを文章にすると、「あっこの人よく知ってるなぁ」という感情を読者に持たせます。

それが「説得力」そのものです。

例えば、ブログを書いている人は大抵「ネタ切れ問題」に直面しますが、そのときの自分ならではのネタ切れ解決策って、なかなか本やサイトには載っていないですよね。

「ツイッターするネタがない!」ってネタ切れになったことはありませんか?ネタ切れ防止のためには「ネタを仕入れる」だけでは不十分で、「発信する!」という気持ちでネタを仕入れます。今回は、ネタ切れ防止の方法について紹介します。

なので、説得力を高める一番の方法は「経験すること」に尽きると言ってもいいでしょう。

対象読者と記事の内容をズラさない

和菓子を探している読者に絶品のケーキを紹介しても、読者は「買う」という意思決定はしてくれません。

対象読者と記事の内容がズレているからです。

同じトピックでも、対象読者によっては記事の内容も変わってきます。

例えば恋愛でも、「20代の男性」と「再婚を考えている40代の男性」では気にしていることや知りたいことは全く変わってきます。

退職を考えている人向けのサービス記事でも、50代の人には「あと10年」ですが新卒2年目の人には「あと30年も・・・」という書き振りになります。

読者とは、トピックだけでなく「知りたいこと」や「気にしていること」「年齢」などもぴったりあっていないと、なかなか説得力のある文章にはなりません。

繰り返す

1度書くだけだと読者は読み飛ばしているかもしれません。

大事なことやどうしても伝えたいことなら、繰り返してみましょう。何度も繰り返していると、さすがに「わかったわかった」と読者が感じはじめます。

つまり、読者の頭に残ったのです。

但し、同じ文章を何度も何度も書くとコピペと思われるのは避けたいので、同じ内容を書き振りを変えてみるのがベターでしょう。

ひとり起業家に欠かせない税金やブログ集客についての情報を、日々綴っていきます。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする