ブログサイトのしくみとキーワードや記事の関係をわかりやすく解説!


ブログサイトを始めるときは、「ブログサイトのしくみ」を設計してから記事を書くと、検索順位が上がりやすくなります。そこで今回は、「アクセスや検索順位が伸びやすいブログサイトのしくみ」と、「キーワードや記事の関係」をわかりやすく解説しました。







ブログサイトのしくみ

キーワードと記事の関係をおさらい

ビジネスブログとSNS

世の中に、ウェブサイトやブログは無数にあります。

そんな中で、自分のブログサイトを読者に選んでもらうにはどうすればいいのでしょうか?

答えはいたってシンプルで、

「読者に満足してもらうこと」

これにつきます。

つまり、ブログは、読者へお得な情報・楽しいことを提供してこそ、アクセス数のアップが見込まれるのです。

では読者は、何をたよりに訪問するウェブサイトやブログを探しているのでしょうか?

それは「キーワード」です。

そしてその次に重要なのが「ブログ記事のタイトル」です。

読者がグーグルの検索窓へ打ち込まないキーワードでどんなに記事を書いても、読者は自分の記事を見つけてくれることすらないでしょう。

また、グーグルの検索結果画面を見たら、最初に目に飛び込んでくるのは、「ブログ記事のタイトル」です。

「お、読みたい!」って思わせるタイトルであれば、ブログ記事へアクセスしてもらえます。

つまり、読者とブログ記事をつなぐのが「キーワード」であり、アクセスを決断させるのが「ブログ記事タイトル」です。

このあたりの話は、以下の記事で書いています。

【関連記事】

読者の目を引くタイトルのつけ方はこの5つ!【高い効果の方法まとめ】

ブログサイトの設計図はこうだ!

「このキーワードが読者ニーズ高くてライバルサイトも強くなさそうだ」と決めたら、次はブログサイトのしくみを考えます。

少し専門用語で申し訳ないですが、「確定申告書 書き方」というキーワードを狙うとします。

まず「確定申告書 書き方」でブログ記事を書きます。

そのあとに、「確定申告書 書き方 〇〇」「確定申告書 書き方 △△」「確定申告書 書き方 □□」で記事を書いていきます。

そして書いた都度、メインのキーワード「確定申告書 書き方」で書いたブログ記事と内部リンクでつないでいきます。

このように階層化すると、読者も読みやすく、Googleの評価も高まります。

キーワードのグループ分けは?

では、階層化するためにキーワードをグループ化するにはどうしたらいいのでしょうか?

おすすめは、マインドマップです。

「え、マインドマップ書くの?めんどくさい・・・」って思いますよね。

でも、keysearch Betaというサイトを使えば、マインドマップを自動で書いてくれます。

出てきたマインドマップをもとに、キーワードを一つずつ攻略していきます。

ここまでできたら、以下の記事を参考にブログ記事を書いていきましょう!

【次の記事】

ブログの良い記事の書き方はコレ!初心者が知ると得する5つの工夫




ひとり起業家に欠かせない税金やブログ集客についての情報を、日々綴っていきます。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする