読者の悩みに応じたブログの書き方!【知っておく戦略はただ1つ】


「「ブログ記事は読者の悩みに応じて書く」って教えてもらったけど、イメージが」って感じていませんか?戦略・ポイントはただ1つなので、今回は「読者の悩みに応じたブログの書き方」を解説します。







読者の悩みに応じたブログ記事の書き方

ポイントは「読者が期待していること」に寄り添う

悩みに寄り添う

「悩みに応じて書く」のポイントは、いたってシンプルです。

「読者は感情的な話を期待しているのか、論理的に知りたいのか?」

これだけです。

「感情的な話を期待している読者」には、理屈は極力省いて答えはシンプルがいいです。

一方で、論理的に知りたい方には、感情的な話は極力省いて、きっちり論理的な流れを重視して詳しく解説していきます。

具体的には?

感情的な答えを求めている読者

感情的

キーワードに「無理」とか「不可能」といった、悲観的なものが含まれているケースです。

こういったキーワードをネタに書くときは、読者が感情的になっている場合が多いので、

「大丈夫です」「理由はたったこれだけです」

という、安心感を何よりも先に伝えることが重要です。

もちろん、相手も「大丈夫」だけを期待しているわけではないので、「理由」や「原因」をシンプルに伝えるのは大事です。

論理的な答えを求めている読者

論理的な答え

具体的なキーワードが対象になっている場合です。

税金の世界でいうと、例えば「妻名義の預金 相続税 申告」です。

こういう具体的なキーワードのときは、読者は「大丈夫」という類の感情的なフォローを期待していません。

むしろ、根拠や考え方を具体的に知りたいのです。

であれば、ブログ記事の書き手は、読者の感情(=具体的に)へ寄り添うのが、「読者目線のブログ記事」でしょう。

【関連記事】

妻名義の預金に相続税が課税される!




なぜ?書き方を変えないといけない理由は?

理由

理由は二つです。

「読者の感情はさまざま」と「ブログ記事は読者のために書く」だからです。

それぞれ、深掘りしていきますね。

読者の感情はさまざま(理由1)

ブログの読者は一人じゃないですよね。

アクセスが増えるほど、いろんな読者がページを訪問します。

理屈か好きな方もいれば、感情豊かな方々も。

1つの記事でその両方をターゲットにするのは難しいですが、どちらの方向けに書いた文章かは書いている時点でわかります。

理屈が好きな方に感情的な回答をしたら、冷めた目で見られますし、感情的なやりとりが好きな方へ理屈がっつりのブログ記事を書いたら、敬遠されてしまいます。

ブログ記事は読者のために書く(理由2)

読者は、なんの縁もゆかりもないブログ記事へ、なぜ訪問してもらえるのでしょうか?

それは、ブログ記事に「悩みや調べ物を解決してほしい」と期待しているからです。

逆に、ブログ記事が読者にとってなんのメリットもないのならだったら、わざわざ訪問したりしないです。

つまりブログ記事へのアクセスアップを期待したいのなら、ブログ記事は、「なんらかの悩みを抱えていたり何かを調べている時に回答や道しるべを示すこと」が役割です。

今日からさっそく、読者の感情に寄り添ったブログ記事を書いてみませんか?

【次の記事】

読者の目を引くタイトルのつけ方




ひとり起業家に欠かせない税金やブログ集客についての情報を、日々綴っていきます。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする