ブログが書けないときの解決策はこの7つでOK【すぐに実行できます】


「ブログ記事が書けない!」「手が動かない」って悩んだことありますよね? うちだはブログ歴2年ですが、何度か経験があります。今回は、うちだが実践して効果のあった「ブログがかけないときの解決策」を7つ紹介します。







ブログ記事が書けない時の7つの解決策

(1) 先にTwitterする

例えば相撲の力士でも、いきなり相撲はしないでしょう。

ストレッチとかてっぽうとかの基礎トレーニングをして体を温めてから、土俵で相撲を取るはずです。

ブログを書くことは「遊び」じゃなくて、「仕事」です。

僕たちは文章を書くのを仕事にしているのですから、いきなり書き始めるのではなくて、基礎トレをしてから書き始めましょう。

その点、Twitterはおすすめです。

140文字で1つの成果物が仕上がりますから、時間も労力もかけない一方で、「読者が得するツイート」を書こうと思うと、それなりに頭を使うからです。

(2) 事前に先輩ブロガーを探しておく

なんの参考情報もなしに、あるトピックの記事をさらさら書ける人・書くネタが見つかる人はなかなかいません。

そんなときに不毛な時間がどんどん過ぎていくことのないように、ネタや書くヒントを教えてくれる(参考になる?)ブロガーを数名探しておきましょう。

自分で書くネタのイメージができているときはいいですが、そうそう毎日書くネタは思いつきません。

そんな時に、お知恵を拝借するのです。

(3) 書く時間を朝にする

ブログを書く作業はラクではありませんから、サボる理由を考えたらいくらでも出てきます。

「忙しい」「しんどい」「急な用事が入ったから」

などなど。

そういった「邪魔をしてくる用事」が比較的少ない朝の間にブログを書いておくのです。

(4) 好きなこと・書きたいことを書く

ブログ記事を書くのに色々調べないといけなかったりすると、気力が萎えてしまいます。

だったら、自分の好きなことや得意なことを書きまくってみましょう。

アクセス数とかは気にせずに。

とにかく、「ブログを書く」作業をとめないことです。

狙っていない記事に限って、意外にアクセスが来ることもあります😅

これは、うちだの体験談です。

(5)昼寝する

疲れたとき・アイデアが浮かばないときは、思い切って20分ほど昼寝してみましょう。

そうすると、頭がクリアになって、やる気やアイデアがムクムク湧いてくるかもしれませんよ。

原始的な方法ですが、意外におすすめです。

(6)サチコを眺める

キーワードが決まったら、ブログ記事はある程度書けたも同然です。

キーワードが決まらないから手が動かないわけなので、サチコにキーワード候補を聞いてみるのもおすすめです。

意外なキーワードが転がっていたりして、いいネタの情報源になるかもしれません。

うちだもちょくちょく助けてもらってます。

(7)ロング記事書かない

ブログが書き上がった時の快感って忘れられませんよね。

「あー、書き上げたぞ!」って感覚。

ロング記事はその感覚を味わえるのが遅くなりますから、書けないときは「ロング記事」になりそうなネタは避けておきましょう。

「手が動かない」「書けない」ときは、「書き上げた快感」をたくさん感じた方がいいので、その真逆に位置する「ロング記事」は当面避けたほうがいいです。

番外編

毎日書くことです。

毎日書くと習慣になって、「書かないこと」に不快感を感じるようになります。

【次の記事】

ブログやTwitterを毎日書く更新するおすすめのコツ【効果あり】




ひとり起業家に欠かせない税金やブログ集客についての情報を、日々綴っていきます。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする