ブログ記事テンプレートの本文編!簡単に書ける完全保存版ツール!


「ブログ記事の本文ってどうやって書けばいいのかわからない」って、悩んだことありますよね。そこで今回は、ブログ歴2年のうちだが使っている、「ブログ本文のテンプレート」を図解のスクショ付きで解説しました。これを使うと、ブログ記事を書く時間が短くなりますよ。







ブログ記事本文のテンプレート

ブログ記事本文テンプレート

文章を書くって作業は、捗る時はサクサク書けるんですが、手が止まるとなかなか前へ進みません。

一方でブログは毎日書いたほうがいいので、生産性の低い時間は極力減らしたいところです。

ブログを書く時間をあまりたくさん割いていると、「ブログ記事書くの嫌だな」って感情が芽生えてしまいかねません。

なので、「ブログ記事を書く時間を減らす」に神経を向けたほうがいいです。

そんな時に使うのが、テンプレートです。

テンプレートを見ながら、記事を書き進めていくと、ポイントを抑えつつも、時間を節約することもできます。

テンプレートの解説

注目したいのは、2つです。

まず1つ目は「1. 記事の信頼性の根拠」です。

大半の読者はブログ記事を書いている人(筆者)のことを知らないので、「この記事、本当に信頼していいのかな?」という疑いの目を向けています。

そんな時に、

「私はブログ〇〇記事書いてきました」

「ブログ歴〇年です」

「〇〇円稼いでます」

という実績を、不躾にならない範囲で示せば、読者に「読んでみよう」という気持ちにさせます。

2つ目は「2. 結論」の場所です。

「起承転結」と言われるように「結論」は本来は一番最後なのですが、ネット上で情報を探している方は、「手っ取り早く」情報を手にしたいと思っています。

そんなときに、一番知りたい情報が記事の一番下に書いていては、

「この記事よくわからねぇ」

って思われて、記事から離脱されちゃいます。

だから結論は、ブログ記事の本文の一番最初に書きましょう!

テンプレートのスクリーンショット

ブログ記事本文テンプレート

結論をみた読者は、「なんで?」って思いますし、疑っている人はまだいるかもしれません。

なので、「理由」に加えて「具体例」も必須です。

そして、ブログ記事を読み進めていくと、そのうち結論のことを忘れちゃうかもしれません。

そこで最後に「読者の予想反論」を書いた上で、「でも〇〇だから〇〇だよ」という結論を再び書いて記事は完成という流れです。

【次の記事】

ブログ記事タイトルのテンプレート編




ひとり起業家に欠かせない税金やブログ集客についての情報を、日々綴っていきます。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする