ブログ記事テンプレートのタイトル編2!知っておくべき7つの工夫


「読者の気持ちを惹きつけるタイトル」を書きたいですよね。テンプレートタイトル編の2回目は、うちだが書いてきたブログのタイトルでアクセスの良かったものなどを「テンプレート形式」にして図解のスクショ付きで解説しました。







ブログ記事タイトルのテンプレートその2

タイトルテンプレート

テンプレートでブログ書く時間を節約!

ブログ記事は毎日書くべきなので、「うんざり感」は極力遠ざけておく必要があります。

うんざり感の原因はいろいろあるでしょうが、やっぱり1番は「時間がかかる」ことでしょう。

うちだも初心者のころは、1記事書くのに3-4時間かかっていたりしました。

しかも、質は良くなかったですね😅

そんなことにならないために、テンプレートを使ってみませんか?

テンプレートを見ながら書いていくと、時間がかなり節約できますよ。

テンプレートの解説

今回紹介するテンプレートは、ジャンルでいうと「簡単な印象を伝えるもの」と「読者の感情へ訴えかけるもの」の2種類です。

読者は「楽をして得をしたい」と思っているので、タイトルで「簡単な印象を与える」のは効果があります。

また、オンラインには大量の情報があるので、記事タイトルで「読者の感情に訴えかけるもの」があると、ついつい目が止まってしまいます。

テンプレートのスクリーンショット

今回のテンプレートはこちらです。

ブログ記事タイトルスクショ2

このうち、「読者の怒りを誘う」のは、少なからず刺激が強いです。

自分のオンライン上のキャラクターや方向性と相談して、使うかどうかを決めていくのがいいかなと思います。

【次の記事】

ブログ記事のテンプレートのタイトル編【その1】




ひとり起業家に欠かせない税金やブログ集客についての情報を、日々綴っていきます。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする