ブログでの体験談の書き方!【これに注意したらアクセス数アップ】


「ブログに体験談を書いたけど、アクセス数と滞在時間が・・・」って悩んでいませんか?体験談を書くときは、「ブログ記事の自然な流れ」を意識すると、アクセス数や滞在時間が伸びると思います。今回は、ブログでの体験談の書き方をまとめました。







ブログでの体験談の書き方の注意点

「結論と理由を説明した後」に体験談を入れるのがベストです。

これから、「なぜ説明した後なのか?」を簡単に解説していきますね。

ただ1つ!「読者目線」

ブログ記事は、自分が書いていることもあって、「主役は自分」と思ってしまいます。

でも、アクセス数が増えてほしいのなら、「主役は読者」です。

ブログ記事を読むかどうかは、読者が決めるからです。

これから深掘りしていきますが、「読者目線を忘れないこと」がただ一つの注意点です。




ブログ記事で「読者の違和感」は最大の敵

違和感

読者は「悩み事を解決したい」とか「調べ物の答えを知りたい」のような目的を持って、ブログ記事へアクセスしています。

一方で、ブログ記事にアクセスしてくれた読者は、大半の方々が「書き手と面識のない人」です。

「よし、うちだの記事だからじっくり読んであげよう」みたいな、親切心はありません。

つまり、「つまらねー」と違和感を感じてしまったら、即座にブログ記事から立ち去ってしまいます。

ですから、ブログ記事の書き手としては「読者に違和感を感じさせないこと」が非常に重要です。

具体的には?

対象読者によって書き方は変わる

「ブログ記事を読んでほしい人は誰か?」

「ターゲット」ともいいますが、対象読者がどんな感情を持っているかによって、ブログ記事を書き方は変わります。

必然的に、体験談を書く場所や書き振りも変わってきます。

簡単にいうと、読者は「励ましてほしい」のか「詳しく解説してほしいのか」によって変わるということです。

【関連記事】

読者の悩みに応じたブログ記事の書き方

体験談を書く場所は決まっている

ブログ記事の読者は、「納得感」を感じると先へ読み進めていってもらえます。

大半の読者は早く答えを知りたいので、「結論」をまず最初に書きます。

次に「理由」を説明して、最後に「〇〇しました・できました」(=体験談)を書くと、納得感を感じながら読み進めることができます。

上記のツイートでいうと、「ブログで稼げない!」って思っている人には、

「稼げますよ(結論)→〇〇すればいいんです(理由)→ちなみに僕は〇〇しました(体験談)」

という流れです。

今日の話は以上になります。

読んで頂いて、ありがとうございました。

【次の記事】

読みたくなる文章の書き方!たった5つのコツ




ひとり起業家に欠かせない税金やブログ集客についての情報を、日々綴っていきます。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする