ビットコインの税金はいくらから?儲けは確定申告が必要?【ルールまとめ】


こんにちは、うちだです。「ビットコインの儲けって、絶対確定申告が必要で税金を払わないといけないの?」という話は、最近頻繁に見聞きします。新しい制度・投資ということもあって「ビットコインの税金はいくらから?」という疑問の答えが、税金の初心者層まで浸透していないのが現状です。そこで今回は、ビットコインの税金に関する気になるルールを総まとめしました。

ビットコインの儲けはいくら?

所得って何?(所得税の計算のしくみ)

所得税って、なんとなくどんな税金かイメージはつきますか?

言葉の通り「所得に課税される税金」なんですが、「所得」といってもイメージがつきにくいでしょう。

所得って要するに「儲け」のことなので、簡単にいうと「買った値段」よりも「売れた値段」の方が高ければ儲けが発生するということです。

つまり、「売れた値段」と「買った値段」の差額が「儲け」で、専門用語でいうと「所得」といい、それに課税されるのが「所得税」なのです。

ビットコインの儲けは原則雑所得

所得税を計算するときに必要になる「儲け」の金額は、10種類に分けられています。

詳しくは上記の関連記事で解説していますが、ビットコインの儲けは原則的には「雑所得」という区分になります。

給料の儲けや事業の儲け、物を人に売った儲けなどなど「以外」の儲けという意味です。

雑所得の計算は?

シンプルにいうと、「売った値段」から「買った値段」を引いた結果が「雑所得」になるということです。

これはビットコインをはじめとした仮想通貨に限った話ではありませんが、売り買いは「頻繁に」「なんども」行われるのが通常です。

売った金額は把握は比較的容易でしょうが、買った値段は「じゃあいくら?」となります。

「買った値段」の計算の仕方と所得税の計算の仕組みは、下記の関連記事で解説していますので、参考にして下さい。

関連記事:ビットコイン等の仮想通貨 10分読むとわかる税金ルール

確定申告書の書き方は?

ビットコインの儲けが計算できたら、確定申告書の書き方も気になるところです。

書き方の詳細は、以下の関連記事で解説していますので、参考にして下さい。

関連記事:仮想通貨の確定申告、「税金の計算・書き方・必要書類はどうする?」の情報をまとめました

いくらから税金・確定申告は必要?気になるルールは?

儲けが出たら即申告ではない

所得税の世界では、「儲け=即申告」とはなっていません。

「〇〇の要件を満たす人は、確定申告が必要」というように、確定申告の義務がある人を限定しています。

但し、要件を満たしているかどうかをチェックするには、儲けは自分で計算しておかないといけません。

儲けがいくらか分からなければ、要件を満たしているかどうかも分からないからです。

確定申告書は、仕事で触れている方でもない限り馴染みが薄くとっつきにくいですが、提出はしなくても儲けの計算をするツールとしては利用した方がいいでしょう。

なお紙の確定申告書は税務署においていますが、「確定申告書等作成コーナー」と検索すれば、国税庁が作った「儲け」や「所得税」を計算するツールを無料で使うことができます。

確定申告不要制度

所得税の世界では、儲けを10種類に分けて税金の計算をするといいましたが、その儲けの種類が把握できていることを前提に、一定の要件を満たせば確定申告は必要ないというルール「確定申告不要制度」が整備されています。

確定申告が必要かどうかは、ビットコインの儲けはもちろん、それ以外の全ての儲け(例えば給料など)も把握しておく必要があります。

詳細は関連記事で解説していますので、参考にして下さい。

関連記事:確定申告不要制度、申告が必要かを知る方法

まとめ

まずは「儲け」を計算してから、「確定申告しないといけないのか?」のルールをチェックしましょう。

ひとり起業家に欠かせない税金やブログ集客についての情報を、日々綴っていきます。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする